>  > 上下左右自由自在に動くエレベーター「Multi」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

Multi

,

アナザー茂

,

エレベーター

 運搬するということだけで言えばエレベーターの歴史は紀元前まで遡るが、今日の原型である落下防止装置のついたエレベーターは1853年のニューヨーク万国博覧会にて発表された。それから約160年以上たち、さまざまな技術革新があったものの依然解決されない問題が残っている。そう、待ち時間だ。大きなビルでは、複数台のエレベーターに行き先の制限を付け分散化させたりしているが、待ち時間を大きく減らす全く新しいシステムが開発研究中だ。

■世界初、ロープいらずのエレベーター

evf3.jpg
画像は、「Dailymail」より

 今までのエレベーターは、専用の昇降路を電動モータによってロープで吊るしたかごを上下させるというのが一般的であった。1つの昇降路に1つのエレベーター。しかし、この度ドイツの工業メーカー・ティッセンクルップ社が開発に取り組んでいる「Multi」と名付けられたエレベーターは、従来の方式とは全く異なり、リニアモーターカーに使われる原理でレール型のシャフトにそって移動することで、上下だけでなく左右にも自由自在に動くことができるという。まるで1971年に公開された映画「夢のチョコレート工場」に出てくるガラスのエレベーターを彷彿とさせる画期的なシステムだ。もう従来のロープとはおさらばということだ。同社は2016年には試験運用を目指している。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年11月 6日 04:30 | 返信

この記事は箇条書きで書くべきだったと思う。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。