>  > 70年間、無人にもかかわらず家賃が払われ続けた謎の部屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
70年間、無人にもかかわらず家賃が払われ続けた「時が止まった部屋」の秘密=パリ

 これは、2010年に起きた事件で、海外で話題になったものの、日本ではほとんど語られることがなかった、第二次世界大戦の悲劇から生まれたとても素敵な話である。  2010年、パリの古いアパートを離れてから70年間、無人の部屋に家賃を払い続け一度も訪れることがなかった、借り主の女性が息を引き取った。戦前からずっと手付かずのまま時を止めたその部屋は、まさにタイムカプセル。古き良きパリの香りと共に出てき...

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...