>  >  > 老人として生まれた幼児=インド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
老人として生まれた幼児 ― 「早老症」と「皮膚弛緩症」併発という残酷すぎる現実=インド

 2008年に公開されたブラッド・ピット主演の映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、80歳の老人として生まれてきた男の人生を描いたファンタジー作品だ。当たり前だが、人間は年齢とともに、緩やかに老化していく生き物である。しかし、時として人体には、当たり前だと思っていた常識が当てはまらないケースもある。 ■早老症と皮膚弛緩症、二重の苦しみ  ちょうど「ベンジャミン・バトン」公開と同年、イン...

人気連載

ポール・オースターファンはなぜ“狂気の”ジャベスを知らないのか?

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

震災後の自主規制はいつまで続く? 今年の3.11、テレ東も放送映画を変更していた…

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...