>  >  > 散らかったキッチンと体重の関係とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

クッキー

,

ダイエット

,

佐藤Kay

,

肥満

,

間食

 米科学系情報サイト「Science Daily」(2月3日付)は「女性は、散らかったキッチンにいるときのほうが、キレイに片付いたキッチンにいるときより、クッキーを2倍多く食べてしまう」と報じている。


■散らかったキッチンでは間食が2倍に

clutteredkitchens2.JPG
Cornell Food and Brand Lab」より

「食」に関する人間の消費行動を研究している米国コーネル大学のFood and Brand Lab(食品・商標研究所)は、このほど興味深い研究をおこなった。それは「散らかった場所(この場合、キッチン)にいるとき、人は間食に対してどのような行動をとるのか」というものだ。

 実験は、同大学の101名の女子学生を2グループに分け、それぞれひとりずつを対象におこなった。

 Aグループの女性には、散らかったキッチンで人を待つよう指示を出す。そこは新聞が乱雑に積み上げられ、シンクには汚れた皿の山、そして電話が鳴りっぱなし……。Bグループの女性には、同一のキッチンではあるが、整理整頓が行き届いた静かな空間を与える。すると、Aグループのほうが、Bグループよりクッキーを10分間で65キロカロリー多く摂取し、結果として2倍以上食べたことが判明した

「無秩序な環境下に置かれ、さらに自力で状況をコントロールするのが難しいと感じたとき、ダイエットは挫折しやすくなります。なぜなら『なにもかもがメチャクチャ。だったら、アタシだって!』という思考へつながりやすいからです』と話すのは、現在、オーストラリアのニューサウスウェールズ大学で心理学の准教授を務めるレニー・ヴァーテニアン博士だ。博士は今回の論文の筆頭著者であり「私の推論では、男性にも起こり得ることだと考えています」とも述べている。

 また、キッチンに入る前に被験者は、過去に自分で「コントロールできなかった出来事」と「コントロールができた出来事」のどちらかを選んで書き出す作業にも協力している。すると、雑然としたキッチン(Aグループ)で、コントロールできなかった体験を思い出した被験者はクッキーを103キロカロリー食べたのに対し、コントロールできた体験を思い出した被験者は38キロカロリーに留まる結果となった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。