>  >  > ツタンカーメンは「宇宙の剣」を持っていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 過去にトカナが報じたとおり、古代エジプト人たちは、地球に落下した隕石を用いて宝飾品を作っていたことが判明している。そして今回、彼らが隕石を用いた武器さえも生み出していたことが最新の研究によって判明し、注目を集めているようだ。しかもその証拠が、あのツタンカーメンの墓から出土したナイフにあったというのだ。

meteorite.jpg
画像は「Seeker」より引用

■ツタンカーメンのナイフに秘められた謎

meteorite_2.jpg
画像は「Wiiipedia」より引用

 1922年、考古学者ハワード・カーターによって発見されたツタンカーメンの墓だが、ミイラの右大腿部分に、1本のナイフが収められていた。現在、エジプト考古学博物館が所蔵するこのナイフの柄(つか)や鞘(さや)は水晶や金で作られており、ユリや羽根の模様が描かれた見事な工芸品だ。しかし、その刃の部分に研究者を悩ませ続けてきた大いなる謎が秘められていた。

 なんと、3400年以上前に作られた鉄製のナイフであるにもかかわらず、刃がまったく錆びていなかったのだ。しかも、鉄器時代の幕開け(紀元前8世紀)から遡ること600年、紀元前14世紀に作られたものと考えられており、世界史の通説とも合致しない。

 今回この謎に挑んだのが、ミラノ工科大学(伊)、ピサ大学(伊)、エジプト考古学博物館の研究者たちからなる共同研究チームだ。ツタンカーメンのナイフを蛍光X線による組成分析(非破壊分析)にかけた彼らは、結果を先月20日に学術誌「Meteoritics and Planetary Science」上で発表したが、そこで示されたのが驚くべき事実だった。

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年9月16日 11:19 | 返信

当時の人は、隕鉄を宇宙から来たものだと、思っていたか?
落下時を観測できたの??

さすがのエジプト文明も隕石落下などの宇宙の時間からしたら、一瞬でしょう。

1:匿名2016年6月 3日 14:45 | 返信

中国や日本でも隕鉄は秘剣として鍛えられ、時の権力者や覇者たちに珍重されてきました。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。