>  > バンクシーの正体は、あのミュージシャン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
Banksy.jpg
画像は、「The Daily Mail」より引用

 スプレーやマーカーペンなどを用いて壁に描かれる落書き、「グラフィティ」。1970年代にニューヨークで始まったとされるこの行為は、当然ながら違法であり、今や世界各国で社会問題となっている。しかし、犯罪行為であると同時に、高い完成度を誇るグラフィティの一部が芸術として持て囃される潮流もあることはご存じのとおりである。そんなグラフィティ“アーティスト”のなかで世界一有名な存在といえば、バンクシーだろう。


■世界がヤキモキ、バンクシーの謎

 決して素性を明かさず、これまでロンドンを拠点に世界各地のストリートで作品を描き続けてきたバンクシー。平和・反権力・反資本主義などメッセージ性の強い作品が共感を呼び、1990年代後半から世界中にその名を轟かせることになる。やがて、自身の活動に迫ったドキュメンタリー映画「Exit Through the Gift Shop」を発表するも、その正体はどこまでも謎のまま。メディアのインタビューも、もっぱら電話やメールに限るなどの徹底ぶりだ。そのため、世界中でバンクシーとは何者か探ろうとする動きが起きていた。

Banksy_2.jpg
画像は、「The Daily Mail」より引用

 バンクシーの正体については、これまでさまざまな憶測が飛び交ってきた経緯がある。フランス出身のブレック・ル・ラット(グラフィティアーティスト)や、バンクシーと同じくブリストル出身のロバート・カニンガム(アーティスト)らが有力視されていた。特にカニンガムについては、2008年にロンドン大学クイーン・メアリー校の研究者が、地理的プロファイリングの手法を用いた分析によって「カニンガムがもっとも疑わしい」という研究結果まで発表している。しかし、本人による否定や周囲の人々の証言などから、疑惑はいつまでも疑惑のままだった。


■バンクシーと“あのミュージシャン”の活動に奇妙なリンク

 そして今、とうとう独自調査によってバンクシーを特定したとするジャーナリストが出現、各国に衝撃が走っている。英紙「The Daily Mail」が今月1日に報じたところによると、実はバンクシーの正体とはイギリスの人気音楽ユニット「マッシヴ・アタック」の中心人物、ロバート・デル・ナジャ(通称:3D)その人だったというのだ。

コメント

2:匿名2017年12月14日 11:23 | 返信

MAの熱狂的な追っかけの可能性もあるな!

1:匿名2016年9月10日 14:35 | 返信

いや、ただの友人です。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。