>  > 2017年注目の“超・危険”軍事兵器4選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 今年10月、1発でフランス全土を消滅させるロシアの最新核ミサイル「RS-28(通称:サタン2号)」に世界中が戦慄したが、もはや核ミサイルは現代兵器として時代遅れかもしれない。これからの軍事兵器はより狡知かつSF的になっていくことだろう。トカナ編集部が厳選した2017年大注目の「最新軍事兵器4選」をご紹介しよう。


●ケムピュータ

2017weapons.jpg
画像は「YouTube」より引用

 7月4日、英紙「Daily Mail」をはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、無人戦闘機(ドローン)を“培養”して生産する革命的3Dプリンタ技術「ケムピュータ(Chemputer)」なるものが開発されているという。

 最初は“萌芽”のような状態だった核となる部品が、液体の中でどんどん“成長”し、やがて無人戦闘機が成型される。この技術によって複雑で人手のかかる生産ラインは終焉を迎え、かつ納期も圧倒的に短縮されることになるという。さらに、無人戦闘機に搭載される数々の機能も、あらかじめプログラム上で選択するだけで追加・変更が可能になるため、高性能な機体を早く・安く・大量に生産できるようになるというわけだ。

動画は「YouTube」より引用

 ケムピュータの開発を担う米国の航空・防衛大手「BAEシステムズ」社は、「技術的に不可能ではない」と自信をのぞかせている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。