>  >  > ホワイトハウスが「隕石衝突防衛構想」を発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

NASA

,

ニビル

,

プラネットX

,

衝突

,

隕石

nibiru10_01.jpg
画像は「EWAO」より引用

 今年に入り、昨年2月に出版された『Planet X – The 2017 Arrival(プラネットX 2017年衝突)』が再び話題となっている。著者のデイヴィッド・ミード氏は、タイトルにもあるように天文学からスピリチュアリズムまであらゆる観点から考察した結果、地球に壊滅的被害をもたらすと古代より恐れられている惑星「ニビル」が、2017年にほぼ間違いなく衝突すると断言したことは、先日トカナでお伝えした通りだ。(過去記事参照


■専門家「ニビルは南極に落下する」

 ミード氏によると、ニビルはこれまで言われていたように大きな軌道を周回しているのではなく、太陽との連星であり、今年2017年10月に地球に最接近する可能性が極めて高いというのだ。とはいえ、これまでにも地球に最接近した隕石や彗星は数知れない。また地球から数十万kmも離れた場所を通過するに過ぎないと思うかもしれないが、今回は地球の重力圏にまで接近し、衝突を免れないというのだ。(ニビルの詳細は、過去記事参照

 そして、ニビルや巨大天体の衝突を警戒しているのは、こうしたアマチュアの天文学者だけではない。あのホワイトハウスも同じく惑星衝突を懸念しているのだ!


■ホワイトハウスもガチでビビる“隕石衝突”の可能性

nibiru10_04.jpg
地球近傍天体の統計データ(2014年度版)「EWAO」より引用

 昨年12月には、米ホワイトハウスが隕石衝突に関する公文書「地球近傍天体予防のための国家戦略」を公開している。

 同文書は、地球接近・近傍天体(NEO)の検知・緩和に関する連絡作業部会「DAMIEN」が作成したもので、NEOに対する戦略的目標が7つ検討され、衝突回避にかかわる目標も2つ挙げられている――「NEOの検知・追跡・評価能力の向上」、「NEOの軌道変更メソッドの開発」。

 具体的には、人工知能と高機能センサーを搭載した無人宇宙船の利用や、高出力ロケットによるNEOの詳細なデータ取得があげられており、これらの調査の結果、実際に隕石が地球との衝突軌道にあると分かった場合、軌道変更プランが実施されるそうだ。軌道変更プランはいくつか構想されているが、現時点で有効に機能するかは未知数であるという。

関連キーワード

NASA

コメント

5:匿名2017年11月 9日 17:41 | 返信

結局来なかったね
残念

4:匿名2017年1月14日 10:29 | 返信

人が想像できることは実現可能だというから
隕石衝突を回避することだって出来るはず。
これを機会に何か凄い技術が出てくるといいな。

3:匿名2017年1月14日 01:15 | 返信

惑星衝突なら 
世界中の核爆弾等をかき集めて 発射して惑星破壊するつもりか?

ハリウッド映画みたいに うまくいくとは思えないぞ

2:匿名2017年1月13日 20:40 | 返信

ブロックされた広告数:
このページで 21 件

もうちょっとまともな記事を頼む

1:匿名2017年1月13日 17:19 | 返信

似非天文学者の与太話とホワイトハウスの資料を一緒くたにするなよw

ホワイトハウスの話は、せいぜい数十km程度までの小惑星の衝突の対応でしょ?w

インチキ野郎が言うニビルは惑星サイズだよねw
マトモな天文学者が予想している第9惑星のサイズは地球よりも多少大きかったよねw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。