>  >  > 仏教の「無我」が科学的に認められる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ダライ・ラマ

,

仏教

,

意識

,

無我

,

脳科学

anatta_01.jpg
画像は「Big Think」より引用

 仏教の基本的教義である「無我(アナッター)」が科学的にも事実であることが近年の研究で徐々に明らかになりつつある。これまでにも、1980年代に「Mind and Life Institute」が米国で設立されて以来、多くの科学者が仏教に関心を示してきたが、神経科学の目覚しい発展にともない、世界中の科学者が仏教にさらに熱い視線を送っている。


■無我とは?

 ブッダも教える相手を選んだといわれるほど、パーリ語で“アナッター”と呼ばれる「無我」の正確な理解は困難を極めるが、世界中の著名科学者や思想家の生の言葉を届けるウェブサイト「Big Think」が紹介している、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学のエヴァン・トンプソン教授(心の哲学)の簡潔な説明を頼りに解説していこう。

「仏教では変化しないものは存在せず、全ては時間とともに変化し、意識の流れさえも常に変わり続けていると言われています。そして、脳科学の観点からも、脳と体は常に流動状態にあるといえます。不変の自己は存在しないのです。これを無我といいます」(トンプソン教授)

 つまり、興味・観点・信条・愛着・人付き合いなども、昔の自分の映像を観たり、数年前に書いた文章を読んでみれば、多かれ少なかれ今の自分と変わってしまっていることに気付くのと同様に、「無我」は「自分がまったく存在しない」という意味ではなく、「自己は常に変わり続けている」ということだろう。

 心理学者リック・ハンソン博士は、「無我」個人の成長や変化のために必要不可欠であると語っている。博士によると、個々人の思考は、それぞれの人を定義づけ、固定してしまう絶対的なもののように思えるが、もし思考や性格などが固定したものだとすると、人の成長や変化などがなくなってしまうため間違った考えであるという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。