>  >  > 南極の雪に埋もれた「巨大UFO」がグーグルアースで発見される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 宇宙人基地が隠されていると噂される南極大陸で、またしてもUFOらしきものが発見された。やはり人類には過酷すぎるこの極寒の地に、宇宙人らはひっそりと身を隠していたのだろうか?

 問題のUFOは、ロシア人UFO研究家Valentin Degteryov氏が、グーグルアース上で発見(座標:73°13'55.09 S, 71°57'12.98 W)。今月16日に発見動画をYouTubeで公開すると、世界中の人々が即座に反応、すでに60万回も再生されるヒット動画になっている。

南極の雪に埋もれた「巨大UFO」がグーグルアースで発見される! 数百年前に墜落した機体が地球温暖化で露出かの画像1
画像は「YouTube」より引用
南極の雪に埋もれた「巨大UFO」がグーグルアースで発見される! 数百年前に墜落した機体が地球温暖化で露出かの画像2
画像は「YouTube」より引用

 動画のキャプションで、Degteryov氏は、この物体を「数百万年前に南極大陸に墜落した、全長600メートルほどのUFOであり、長年雪が積もり見えなくなっていたものが、雪解けとともに姿を現した」と記している。

 確かに、楕円型の形状やメタリックな色合いなど、我々がよく知るUFOの特徴を備えていることは認めざるを得ないが、一般の人の目にはどのように映っているのだろうか? YouTubeユーザーのコメントをみてみよう。

「UFOが実在する証拠だ!」
「たとえこれがUFOだとしても、政府が絶対に隠蔽するよ」
「地球の扁平率の問題で、彼らは上手く着陸できないことがたまにあるらしいと、軍の関係者から聞いたことがある」
「これだけじゃ何も証明したことにならないよ」
「ただのパレイドリア(ランダムな視覚データから馴染みのパターンを思い浮かべてしまう心理現象)でしょ」

関連キーワード

UFO

コメント

4:匿名2017年5月27日 08:21 | 返信

いゃー、真偽はさておき、知的好奇心の扉を謳うトカナさん。
メジャーなネットニュースでは取り上げられない話題を期待してますヨ。
雑学とか興味の幅が広がるのは、それぞれの読み手にもよります。\(◎o◎)/

3:匿名2017年5月25日 10:09 | 返信

岩じゃないの?

2:匿名2017年5月25日 08:44 | 返信

お茶目なおじさんが興奮しているのは可愛いが、ふつうの自然の風景だね

1:匿名2017年5月24日 20:56 | 返信

飛んでいる鳥でさえ、異星人が擬態している可能性がある、なんて酔っぱらいでさえ言わないような戯言を記事にするトカナさんらしい記事ですね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。