>  >  > 「死後の世界はない」! 場の量子論(QFT)学者が断言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

 死んだ後、我々には“次の人生”が待っているのだろうか? それとも死は電池を消耗し尽くした懐中電灯のように単純に“ブラックアウト”するだけなのか? この人類史的スケールの問いに気鋭の物理学者が「死後の世界は存在しない」と断言している。


■キャロル教授「脳内の情報を死亡後に維持する方法はない」

 古来よりあまたの土着文化や宗教によって“死後の行き先”の存在が示され、決して少なくない信仰において“死後の世界”はもはや前提となっている。死者を弔う儀式、いわゆる葬式も多くの場合、死者を次の世界へ“送る”というコンセプトで執り行われている。

 しかしこの“前提”に異を唱えるサイエンティストの発言が話題を呼んでいるようだ。その主張するところによれば死後の世界が存在すると考えるのは不可能であるというのである。

 米・カリフォルニア工科大学の物理学者で宇宙学者でもあるシーン・キャロル教授は、物理学の法則を広範に研究した末に、死後の世界にまつわる議論に自ら終止符を打った。その結論とは、死後の世界は存在しないということだ。

「日々の出来事の基礎となる物理学の法則は完全に理解されており、すべての出来事は可能性の範囲内で起こっています」と英紙「Express」の記事で言及するキャロル教授によれば、もし死後の世界が存在するのであれば、我々の“意識”が肉体から完全に分離できるものでなければならないが、物理学の見地からそれは不可能であるという。

noafterlife1.JPG
Express」の記事より

 キャロル教授によれば我々の意識もまた究極的には原子と電子の組み合わせによる現象である。そして宇宙の基本法則は、我々の肉体的な死後に肉体から分離した要素の存在を許さないということだ。

「私たちの肉体が死んで構成原子レベルに崩壊した後にも、何らかの“意識”が存在し続けるという考え方には、途方もない無理があります。日常生活の基礎となる物理法則は完全に理解されており、脳内に保存されている情報を死亡後に維持する方法はありません」(シーン・キャロル教授)

 キャロル教授がその主張の論拠としているのがQFTと略される「場の量子論」(Quantum Field Theory)である。極めて大雑把に場の量子論を説明すると、どのような粒子やエネルギーも一定の“場所”を占めているとする考え方だ。光子であれ電子であれ、質量がないように思われる最小構成要素にも自分だけのテリトリーがあるということになるのだ。

noafterlife2.JPG
Express」の記事より

 したがってもし“死後の世界”があるならば、場の量子論的には死後の世界や魂の“場所”がなければならないことになるが、そのような“スピリチュアル”な場所はこの宇宙に存在しないという。場の量子論を含む物理法則の観点からは、死後に肉体から何らかの要素が分離して生き延びる方法も場所もないということになるのだ。

コメント

10:匿名2018年3月24日 23:50 | 返信

つまり"あの世"の存在は今の量子力学では証明できないってだけの話か

9:匿名2017年9月16日 22:54 | 返信

死後の世界はあるのでは。魂と肉体は別物、幽霊を見る人もいるぐらいだからきっとあると思うよ
ただし、悪い事をして死んだら魂は抹消されるか、あの世ではなく手前の幽界に連れて行かれるらしい。そこで魔物や鬼たちに食べられたり傷つけられたりして苦しんで消滅か融合させられるとか。魔物にされてしまうとか言う説もある。死後の世界は天照大神が作ったらしく、魂の行き場として作った。地獄も天国もあるらしい。運よく死後の世界へ悪の魂が行けても弾かれて,天照大神に融合される。苦しんで苦しんで魂は消滅だそうだ。

8:匿名2017年9月14日 12:02 | 返信

死後の世界がないのであって、死んだら無になるとか、生まれ変わるなどとは、一言も言ってないやん。

客観的に見て、脳内の情報、記憶といったようなものが消えてしまうのであって、その後長い長い時間でどうなるかとか、それ以上の事は知りませんよ、だろ。

7:匿名2017年9月14日 11:58 | 返信

死後の世界がないのであって、死んだら無になる、生まれ変わるなどとは一言も言ってないやん。

客観的に見て、脳内の情報、記憶というものは消えてしまうだろう。それからどうなるかは、それ以上の事は分からん。知らん。という事だろ。

6:匿名2017年9月14日 11:43 | 返信

「死んだら無」です。
しばらく残像は残りますが、やがてすべて無に呑み込まれます。
例外はありません。
しかし、宇宙はその「無」から生まれたのです。

5:匿名2017年9月14日 01:42 | 返信

日常生活の基礎となる物理法則は完全には解明されていないでしょう。ダークエネルギーやダークマターや重力を解明できてませんよ。

教授の言う魂や霊のある場がここだった場合はどうなんでしょうか?

4:匿名2017年9月14日 01:40 | 返信

日常生活の基礎となる物理法則は完全には理解されてませんよ。

ダークマター、ダークエネルギー、ニュートリノ、重力場、などなど法則も実態もよく分からないもので満ち溢れていますよ? 教授の言う魂や霊のある場がここだった場合どうなんでしょうか?解明されていない場所に存在するのであくまでも人間目線では「無い」ということになりませんか?

3:匿名2017年9月13日 10:34 | 返信

そりゃオカルトを排して考えると死後の世界なんてあるわけない
でも、死後の世界が存在しなくて死んだら終わりってことにすると

「それじゃあ俺の人生はなんだったんだよ!?他人に搾取されるために生まれてきたのか!?」

となって不満が爆発して都合が悪いから、昔の権力者が
「真面目に生きてれば死後に良いことがありますよ」という設定を作った。それだけの話

2:匿名2017年9月13日 04:51 | 返信

もしかすると人間の体はもっと高次元にも伸び広がっていて
3次元以下の肉体は髪の毛のような存在かもしれないと考えれば

体から出た老廃物を切り離しただけであって
高次元に存在する本体はまだ生きている可能性だってあるよね

よし、これだ!!

1:匿名2017年9月12日 17:23 | 返信

当然無いよねえ。
トカナがお得意の【ガチ】で死後の世界があることを証明するって記事を載せてたよ。
やっぱりトカナの【ガチ】は嘘と同義語ってこと、しんじも認めたか。
これでトカナの言う【ガチ】の記事を否定したの、最近でも2人目w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。