>  > “最初に何が見えるか”でわかる「錯視性格診断テスト」7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

“錯視”に基づいた心理テストはとても興味深い。錯視は脳内で複雑に交差する神経の働きによって引き起こされる錯覚である。情報はまず目によって集められ、そして脳によって処理される。しかし錯視では、我々の脳が初めに受け取った画像と実際の画像とが大きく異なっていることがある。

 下の錯視画像には、異なる3タイプの錯視が使われている。まず「文字通りの錯視」とは実際の画像と異なるイメージを脳内で作成するもの。次に「認知錯覚」は、無意識の推論の結果引き起こされるもの。最後に「生理的錯覚」は、ある種の過度の刺激によって引き起こされるものと言う。


■錯視 #1

 よくこの絵を見てください。何が見えますか?

currentsituation1.JPG
Higher Perspective」の記事より

・ 車
 もしあなたが車を見たならそれは多分、あなたにとって「自由」が重要な価値であることを意味する。古い物事から立ち去ること、新しい人、新しい場所、そして新しい体験が、あなたにとって大事である。あなたは自分のペースで人生を進むことを好み、自分のやりたいことを自然にしていくだろう。

・ 双眼鏡を持った男性
 もしあなたが双眼鏡を持った男性を見たならば、あなたはより分析的な傾向を持っている。あなたは物事を大局的に見て、重要でない細部にはあまり注意を払わない。あなたは視覚で物事を学ぶ傾向があって、情報をすばやく吸収できる。しかしより細部にも注意を払ってみることを心掛けたい。

・ アルファベットのA
 文字「A」を見るのは最も難しくまれなケースである。しかし、あなたがAを見たなら、あなたは、おそらくほかの人が見ない、見えない、直視しない物を見ることに慣れているのかもしれない。あなたは鋭い眼力を持っていて論理的推論に長け、双眼鏡の男性や車を見た人よりも直感的だ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年10月24日 17:00 | 返信

6は頭蓋骨も女性見えなかったね、頭抱えて、うなだれてる人の様に見える。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。