• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

喫煙

,

電子タバコ

 日本でも人気急上昇中の電子タバコ。従来のタバコと異なり、煙や臭いが少なく健康への影響の低いとされることから、電子タバコへ乗り換える喫煙者は増えているという。しかし、電子タバコにも健康へのリスクがあるという。12日に英「BBC」が報じた。

1113tabacco-1.jpg
画像は「BBC」より引用


■電子タバコとは?

 今回健康へのリスクが指摘されたのは「非燃焼・加熱式タバコ」だ。フィリップ・モリス社の「iQOS」や日本たばこ産業の「Ploom TECH」などが日本でもすでに市販されており、一般に新型タバコや電子タバコなどと呼ばれている。非燃焼・加熱式タバコは、葉タバコを加熱して生じるニコチン入りのエアロゾルを吸引するもの(iQOSなど)、カードリッジ内の液体を加熱し発生したエアロゾルをタバコ粉末に通過させて吸引するもの(Ploom TECHなど)の大きく二種類に分類できる。

 なお、厳密にいうと電子タバコ(ニコチンを含む液体を加熱して発生したエアロゾルを吸引する)と非燃焼・加熱式タバコは異なるのだが、本記事では非燃焼・加熱式タバコを電子タバコと呼ぶ。


■電子タバコの健康リスクは?

 さて、先日イギリスの政府機関(Cot)が英国内で販売されている電子タバコ(iQOS、iFUSE)の健康リスクについて調査した。すると、電子タバコを吸う人々は従来の火をつけて吸うタバコを吸う人々に比べ、有害あるいは潜在的に有害な化合物にさらされる量が50~90%低いことが分かったという。だが、これは電子タバコは健康に害がないという意味ではない。従来のタバコに比べ安全だが、電子タバコの健康リスクは不明であり、未知の部分が大きいのである。

関連キーワード

コメント

6:匿名2017年12月16日 23:59 | 返信

先日、アイコスの人体に与える影響の度合いを測る集団テストに参加してきました。
結果は数ヶ月後だということでしたが、悪影響があるという結果になったとしても、今後の路上喫煙や飲食店での喫煙におけるアイコスの扱いに明確なルールができるという意味では非常に意義のあるテストだったのだろうと思います。
(都内でも区によってアイコスなどの扱い方がバラバラな現状を統一されたルールでしっかりと棲み分けることができるようになることを期待してます。)
途中で担当医の先生が登場していろいろ話してくれましたが、ぶっちゃけアイコスユーザー自身に与える影響は紙巻きたばこユーザーと同様に自己責任(悪く言えば緩慢な自さつ)であるとおっしゃってました。そこは私も同意です。あくまで非喫煙者に与える影響の有無を測るのがメインテーマであると。

※医師との質疑応答では発売前にテストしないのかという質問もありましたが、倫理的な観点からも人体実験ではないと言い切れない側面もあり許可がおりにくく難しいそうです。
個人的にもこれは疑問だったのでそういう事情があるとわかってスッキリしました。

5:匿名2017年12月16日 01:24 | 返信

加熱式タバコ:iQOSなど。タールは紙巻タバコと違い含まないが、肝心の有毒なニコチンを含む

電子タバコ:加熱式と区別する為VIPERとも言う。有毒なニコチンもタールも含まないが、現状有害なものが他に含まれるかは未知。禁煙パイポのかわりに使っても良いとされる。

ニ・コ・チ・ン
これが一番わるいんですよ。タイトルも文章内でもちゃんと区別させないとメーカーからクレーム入るかもね


4:匿名2017年12月16日 00:51 | 返信

現時点ではどのような影響を与えるかは不明でその悪影響についての科学的な検証はまだだと言いながら従来のタバコと同様の配慮が必要だと言い切る根拠は何ですか?

3:匿名2017年12月16日 00:19 | 返信

何?タイトルで危険性はこうだ!って煽っておいて、結局は電子タバコは危険かも!!
って言いたいだけの記事じゃん。

中身のない記事を書くな無能。ニコチンに頭やられてるんじゃないの?

2:匿名2017年12月15日 22:57 | 返信

タバコの批判、いいね。
喫煙者はウジ虫以下の存在だからね。
で、こういう記事なのに、電子タバコの広告を付けているTOCANAは、もっとクズ。
不本意かもしれないが、スポンサーはたてるべきだと思うぞ。

1:匿名2017年12月15日 18:01 | 返信

電子タバコと加熱式タバコは全く違うのでは?
含めたらダメですよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。