議論されるべき「大麻とセックス、キメセク」の真実を暴露! 経験者とともに、高樹沙耶と石丸元章が徹底追究!

 大麻を吸ってセックスをするとスゴイのか!? 芸能人が逮捕されるたびにメディアを飛び交う“キメセク”という言葉。ドラッグを使用してセックスをすることを示す言葉として、いつの間にか使われるようになった用語だが、大麻でキメセク――その真実は? 禁断の大麻キメセクの話題に石丸元章と高樹沙耶が迫った。

<高樹沙耶×石丸元章これまでの連載一覧はこちら>

議論されるべき「大麻とセックス、キメセク」の真実を暴露! 経験者とともに、高樹沙耶と石丸元章が徹底追究!の画像1


石丸
 最近、ドラッグで男女が一緒に逮捕されると、必ずといっていいくらい「薬物とセックス」の関係がとりざたされます。薬物をキメてセックスをすることを「キメセク」と、いつから呼ぶようになったのだろう。奇妙な新語ですよね。と、それは置いておいて……、薬物で強い快感が得られる〝キメセク〟に世間はすごく関心を持っている。ASKAさんのときもそうでしたし、5月に田口淳之介さん、小嶺麗奈さんが逮捕されたときも、〝キメセク〟と大きく報じられていました。今日は、ゲストに一般女性2人をお招きして、大麻キメセクについての対話にチャレンジしたいと思います。

高樹 キメセク、キメセク! とメディアが騒ぎ出すのは、覚醒剤で誰かが捕まっても、大麻で捕まってもいっしょですね。

石丸 高樹さんも逮捕されたときに、「石垣島で暮らす男性3人との薬物セックスに溺れていた」と週刊誌で書かれてました。みんな、エロな興味津々なんです。

高樹 全ては視聴率稼ぎですからね。おかげでこの国で生きることが息苦しいです。いちいち私をさげすむ目で見る人に釈明して歩くわけにもいかないし、メディアリンチですよ。

石丸 ちなみに厚労省HPの「大麻乱用者による告白」にはこんな掲載があるんです。「俺が吸ったのは、極上のバッズ(注:花穂)の部分。それはそれは甘い香りで、一口吸っただけで、音楽が新鮮に聞こえ、気分が楽しくなり、皮膚の感覚が敏感になっていった。そんなんだから、大麻を使ったセックスは、これまで感じたことの無い快感が得られた。俺は大麻を気に入った」。ははは、厚生省がキメセクをあおってる(笑)

高樹 人生壊させてるの誰よって感じ!

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ