>  >  > 「中国パクリ遊園地の今」を現地取材!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

パクリ

,

遊園地

,

関上武司、中国

 2008年に開催された北京オリンピック。当時、経済発展を続けていた中国がオリンピックを開催するということで、世界中から注目が集まっていたが、その直前になって、信じられないことが表面化した。北京市内にある石景山遊楽園(せっけいざんゆうらくえん)に偽物のディズニーキャラクターがいることが“発覚”したのだ。日本のマスコミは、「著作権を無視している」として大々的に報道。欧米からも非難の声が上がった。

 筆者が「中国パクリ遊園地」の調査を始めたのは、2011年のことになる。すると、意外や意外。ツッコミどころだらけの遊園地ばかりに足を運ぶことになった。どこに行っても偽物のキャラクターがいたのだ。もちろん、中国語にも『著作権』や『版権』という言葉はある。習近平政権のスローガンである『社会主義核心価値観』には、“法治”という2文字も含まれている。それなのにだ……。

IMG_1222.jpg

 実際に中国各地にある遊園地に足を運べば分かることだが、遊園地や大きな公園の入口には、社会主義を核心としたスローガンが書かれた垂れ幕が掲げられている。それも高い確率で。しかし、いざ入園してみると、お腹を抱えて笑いたくなるような偽物のキャラクターのオンパレードなのだ。著作権や版権に関して、“法治”の精神は、まったく適用されていない。

 北京オリンピックから10年。今はどうなっているのだろうか? 筆者が足を運んだ遊園地の数々を紹介したい。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年2月13日 22:07 | 返信

志那人の瞳には目先の金しか映らない

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。