>  >  > 「金星の雲に生命が存在する可能性」NASA研究者発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
【ガチ】「金星の雲に生命が存在する可能性」NASA研究者発表! 謎の黒いスポットに居住…やはり雲の中には何かいる!の画像1
画像は「Astrobiology Magazine」より引用

 太陽から2番目に近い太陽系惑星「金星」。地球に似た惑星であることから、「地球の姉妹星」と呼ばれることもあるこの金星に生命が存在する可能性が浮上した。

 しかし、金星は太陽との距離の近さに加え、大量の二酸化炭素のため地表の平均温度が460度以上に達する灼熱の星だ。こんなところに生命が発生する可能性などあるのだろうか?

 オンライン科学誌「Astorobiology Magazine」(4月1日付)によると、驚いたことに、金星の大気上層を覆う二酸化硫黄の雲の中が生物の住処になっているというのだ。このことはNASA(アメリカ航空宇宙局)の研究者も認めているという。

【ガチ】「金星の雲に生命が存在する可能性」NASA研究者発表! 謎の黒いスポットに居住…やはり雲の中には何かいる!の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 金星の雲に生命がいる可能性が指摘されたのは、2015年JAXAが打ち上げた金星探査機「あかつき」が撮影した金星の紫外線画像に、謎の黒いスポットが写っていたことに端を発する。ポーランド・ジェロナ・グラ大学のグルゼゴルズ・ソウィック教授によると、これは光吸収性を持つ地球のバクテリアに似た生物によって引き起こされているのではないかというのだ。たとえるなら湖や池に繁殖する藻、いわば、宇宙藻が金星の大気中に広がっているのではないかというわけだ。

 NASA研究員で米ウィスコンシン大学メディソン校の惑星科学者サンジェイ・リマイェ博士は、将来的にNASAが計画中の「Venus Atmospheric Maneuverable Platform(VAMP、金星大気操縦可能プラットフォーム)」から金星の雲を採取し、火星生命の有無を調査するとのことだ。

「地球には酸性の環境下で生き延びる生命が存在します。それらの生命は二酸化炭素を食べ、硫酸を生産しています」(リマイェ博士)

 過酷な環境をものともせず繁殖する微生物が地球にいるのなら、金星で似た生命が見つかってもおかしくないだろう。

関連キーワード

NASA
VAMP

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。