【ガチ】「金星の雲に生命が存在する可能性」NASA研究者発表! 謎の黒いスポットに居住…やはり雲の中には何かいる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【ガチ】「金星の雲に生命が存在する可能性」NASA研究者発表! 謎の黒いスポットに居住…やはり雲の中には何かいる!の画像3VAMP「Daily Mail」より引用

 これまでトカナでは、雲に擬態するUFOや雲上に出現した謎の人影といった異様な光景を何度も報じてきたように、雲の中が異生物の住処になっている可能性は高い。そして、これは地球に限ったことではないのかもしれない。金星を特徴付けているのは地表をすっぽりと覆っている分厚い雲だ。この厚い雲のせいで地表の大気圧は地球の水深900mに匹敵するほど高く、また、金星に降り注ぐ太陽光の80%はこの雲に反射されてしまい、地表に届かない。このように、金星の生命にとっては地表よりも雲の方が生存に適していると言えるだろう。VAMPが実現すれば、微生物どころか、アッと驚くような生命体を発見できるかもしれない。

 これには理由がある。米・ペンシルベニア州立大学の天文学者であるジェイソン・ライト准教授が、おおよそ数十億年前、高度な技術力を持ったエイリアンが、地球・金星・火星に居住していたと主張していたり、1969年に英放送局「BBC2」が放送したドキュメンタリー番組「One Pair of Eyes」において、バーナード・バイロン氏が、宇宙人に教わったという「金星語」を披露し、英国の伝説的天文学者であるパトリック・ムーア卿を驚嘆させているからだ。

 いずれにしろ、全ては今後の金星探査によって明らかになることだろう。今後もリマイェ博士らの研究に注目だ。
(編集部)

参考:「Astrobiology Magazine」、「Daily Mail」、ほか

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。