• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 中央アメリカ・パナマの島に生息するサルが石器時代に突入したという。今月3日付の英「Daily Mail」ほか、多くのメディアが報じている。

0704stone-1.jpg
画像は「New Scientist」より引用


■石器を使うサル

 今回石器の使用が観察されたのは。パナマ・コイバ国立公園のノドジロオマキザル(Cebus capucinus)という猿の一種だ。中央アメリカに生息する新世界ザルの一種で、顔の周りや喉、前腕にかけてクリーム色の毛で覆われている特徴的なサルだ。映画「ナイトミュージアム」に登場したいたずら好きのサルの仲間といえば思い当たる方もいるだろう。

 ノドジロオマキザルたちが石器を使う様子を観察したのは、ドイツ・マックスプランク鳥類学研究所のブレンダン・バレット氏らだ。このサルが道具を使うことは2014年に発見されていたそうだが、詳細な観察と研究は2017年3月から行われたという。バレット氏は論文をプレプリントサーバー「bioRxiv」にアップするかたわら、YouTubeにもサルが石器を使う様子を収めた動画を公開している。

動画は「YouTube」より引用

 動画にはサルが石を両手で持ち上げ、地面に置いたナッツや甲殻類などを砕いている様子が鮮明に映されている。サルたちはちょうどいい形の石を選び、森の中や川辺など至る所で食べ物を砕いて食べやすくしているという。

0704stone-2.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

関連キーワード

コメント

7:匿名2018年7月 6日 10:01 | 返信

山田クン、※1に石座布団2枚やっとくれ。

6:匿名2018年7月 6日 06:35 | 返信

石器というのは石を加工した道具のこと。
旧石器ですら石を砕いて作る。
これは石を使ってるだけで石器とは言えない。

5:毒親を呪い殺す方法w2018年7月 6日 01:25 | 返信

サルはサルだよ かわいい

4:匿名2018年7月 5日 23:50 | 返信

ラッコは・・・

3:匿名2018年7月 5日 23:35 | 返信

石器時代って、ただ石で木の実割ってるだけじゃん。こんなのカラスだってやるわ。

2:匿名2018年7月 5日 19:54 | 返信

石を持って他のサルへ殴りかかれば「2001年宇宙の旅」みたいで良かったのに・・・

1:匿名ワン2018年7月 5日 19:07 | 返信

ホントにそんな奇石器が起こるだろうかと誰もが思う
そんなパナマッ?!と

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。