高校生「カンニング自殺」裁判に疑問 ― 争点は、自殺の解釈。精神科医の意見書は無視!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高校生「カンニング自殺」裁判に疑問 ― 争点は、自殺の解釈。精神科医の意見書は無視!?
~【ジャーナリスト渋井哲也のひねくれ社会学】都市伝説よりも手ごわいのは、事実だと思われているニセモノの通説ではないだろうか? このシリーズでは実体験・取材に基づき、怪しげな情報に関する個人的な見解を述べる~ 自殺の解釈をめぐる裁判なのに、精神科医の意見を無視する? 2009年5月、首都圏の私立高校に通う高校3年生(当時)だった男子生徒が自殺した。学校内での自殺だったため、独立行政法...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア