未来の自分が今の自分の道筋を決めている? 時空を超える「量子」の恐るべき正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■「弱測定」で90%の確率で予測が的中

 そこでマーチ教授らは、上記の予測に加え、「弱測定」という近年注目されている方法を使い、特殊な予測を行った。通常の測定では量子の特性である複数の状態の共存を壊してしまうが、弱測定という方法では、その状態を壊さずに測定できるという。

 具体的手法としては、特定の状態の量子に対し、その状態を壊さない程度の弱い測定を繰り返し、さらにその後の状態を厳選し、データを得る。サイコロの例で言えば、振り出す動作を何度も繰り返し、同じような動きができたものを厳選し、サイコロが取りうる動きを調べるようなものだ。

 さらに弱測定にはもうひとつ大きな特徴がある。それは、時間が過去にも未来にも進むことを前提としており、測定結果から遡って過去の状態の確率を計算する「遡測(retrodiction)」という特殊な予測をすることができるという点だ。そして驚くべきことに遡測は、実験において量子の測定結果を90%もの精度で的中させたのだ。


■量子の世界では時間が過去と未来の両方向に流れている

quantumexperiment2.JPG
ケーター・マーチ教授 画像は「Washington University」より

 今回の実験結果は、遡測が過去の状態について、より正確な予測を立てられることを示したとともに、量子が過去からだけでなく未来からも情報を取り入れることをほのめかしている。それは同時に、量子の世界では時間が過去と未来の両方向に流れているということを意味する。

 マーチ教授は、「我々の世界において、なぜ時間が単方向にしか進まず、複雑性が常に増すのかわかっていません。しかし、このことについて、たくさんの科学者が研究を続けており、近いうちに解決すると思います」と、研究を続ける意欲を示している。

 テレポーテーションや、すり抜けに加え、時空をも越えられる量子。中央競馬の武豊騎手の奥様はすごいのだなぁという、非常にバカバカしいシャレしか浮かばないのが非常に悲しいが、量子力学が人類の未来を大きく揺さぶるのは間違いないだろう。
(文=杉田彬)

参考:「Daily Mail」、「Washington University」ほか

pickup

人気記事ランキング

コメント

7:匿名

結果から予測したら的中率上がるの当然だよね。
しかもやり方まで厳選しちゃってるという

2018年6月 6日 17:49 | 返信
6:匿名

ファインマン経路積分でも時間は未来から過去に流れるのも含めて計算するやん?

2016年8月14日 10:10 | 返信
5:匿名

超音速現象をご存じでしょうか?もう1つ音速現象と光速現象が矛盾し無い事。
音が音速を超えると例えば事実1秒置いて2つの音源を起こした場合でも観測上1つもしくはほぼ1つに近い音として観測される!これが光速を越えた物理現象例えば過去の事と現在進行中の現象を同時に観測可能と成る!事実宇宙線の多くが超光速である観測は否定できない既成事実とされている!この様に超光速現象を作りその現象を観測すれば少なくとも過去と現在は同時に観測可能であり、総ての事実は複雑、シンプルに関わらず原因に依って起因され又未来事実も原因ポテンシャルの弱肉強食に依って持たされる物であるだけに簡単では無かろうが栄枯盛衰を越えて昔も今も又未来も影響しあっての宇宙の歴史と未来であろう!それだけに過去は過去であるが未来は今後の我等の願い祈りも含めた言動いかんでは⁉

2016年4月23日 02:12 | 返信
4:Smithg511

Enjoyed examining this, very good stuff, thankyou . While thou livest keep a good tongue in thy head. by William Shakespeare. dddkgeececdaddkg

2015年5月14日 16:21 | 返信
3:アイン君

時間が未来から過去に流れる可能性があるというのは嘘。
この学者、テキトーなヤツだなぁ。

2015年4月 1日 06:26 | 返信
2:匿名

過去の方が定量的で90%であるのは、当たり前と思えるが┉。

2015年3月31日 23:10 | 返信
1:匿名

過去の方が定量的だから、90%に驚きを感じないのだが。

2015年3月31日 23:04 | 返信

コメントする

お名前
コメント
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

写真投稿

写真の投稿はこちら