「4年以内に脳にコンピュータを埋める。他者の概念が直接ダウンロードでき、“テレパシー”が新言語になる」イーロン・マスクが断言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いまだそのメカニズムが解明されていない神秘的な非言語コミュニケーションであるテレパシーだが、なんと我々は今後4年以内にも科学的なテレパシー能力を持てるようになるというから驚きだ。この驚愕の近未来を口にしているのはあのイーロン・マスク氏である。


■言葉を必要としない“共感性テレパシー”が4年以内に実現

 表情や目くばせ、身振り手振りなどのボディランゲージも有効なコミュケーション手段だが、多少複雑な胸の内を共有するにはやはり多くの場合、言葉が必要になってくるだろう。

 いわゆるスピリチュアルや超心理学の観点に立てば、言葉に頼らないコミュニケーション方法があるとされるが、誰もが使えるわけではなく相手側にも左右されるため、極めて不確実なものだろう。

 しかし、なんと東京五輪が開催される頃には、望みさえすれば科学的なテレパシー能力が手に入る時代になることを予見している起業家がいる。それはテスラモーターズやスペースXなどのCEOを務めるイーロン・マスク氏だ。ではどのようにして科学的テレパシーが実現するのか?

 それは人間の脳にコンピュータチップを埋め込むことだという。まさに脳をネットワークにつなぐことによって科学的テレパシーが可能になるということだ。このデバイスをマスク氏は神経ひも(neural lace)と呼んでいる。“ひも”と形容してはいるものの、ご存知通り現在の技術をもってすればケーブルである必要はなく、無線技術で接続することになる。

consensualtelepathy1.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 脳内にチップを埋め込み、“ひも”がつながった状態になることで、脳内へ情報をアップロードすることもできれば、思考内容をダウンロードすることもできる。そして“テレパシー”というからには、この神経ひもを通じてやりとりする情報は一般的な言葉による情報ではない。

「思考の中には数多くの概念が湧き出ていますが、(他者に伝えるためには)脳はこの概念をきわめて低いデータレートの言葉に“翻訳”してスピーチしたり、キーボードでタイプしなければなりません。もし我々が(神経ひもをつなぐことで)2つのインターフェイスを持っていれば、概念そのものを言語化することなく他者とダイレクトにやりとりできます」(イーロン・マスク氏)

 そしてこのダイレクトに概念のやり取りをするコミュニケーションをマスク氏は共感性テレパシー(consensual telepathy)と名付けている。いわば圧縮データを解凍することなくそのままシェアしてコミュニケーションが可能になるようなものだろう。

pickup

人気記事ランキング

コメント

3:匿名

やっとチップの治験と実用が来たのか。人間の判別 区別 選別という事になるんだろうけど、早くやってほしい。犯罪も防げる可能性もある。トラブルや争いごとを作りたがる人間も選別できるし。。。あ、でも日本人を思想や思考で選別 区別する、はすでに始まってたね。

2017年4月30日 14:44 | 返信
2:匿名

ちょっと古い日本のSFの丸パクリの記事に笑わさせてもらった。

2017年4月29日 20:17 | 返信
1:匿名

イーロン・マスクは、攻殻機動隊の読み過ぎだよw

2017年4月29日 11:26 | 返信

コメントする

お名前
コメント
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

写真投稿

写真の投稿はこちら