宇宙人がドイツにやって来る!? 「UFO着陸場」が完成、謎の決議「33/426」との関連は?

■「33/426」とは何か? 驚くべき過去!

 「33/426」とは、国連が過去に可決した「UFOと地球外生命体についての情報を集約・管理することを目的とした機関設立のための決議」のことなのだ。国連がこのような決議を採択していた事に驚く人も多いと思われるが、これは紛れも無い事実である。国連決議「33/426」は、宇宙平和のために、UFOと地球外生命体に関する調査や研究の結果を、国連機関へと報告することをメンバー国に対して求めている。

33426_2.jpg国連で会見するエリック・ゲーリー首相(中央・当時)「Open Minds」より

 1978年に採択されたこの決議の提案には、カリブ海に浮かぶ島国グレナダのエリック・ゲーリー首相(当時)が深く関わっていた。世界規模でUFO調査を行うための機関をつくろうと、国連において盛んにロビー活動を行ったゲーリー首相の熱意が実ったという側面が強かったと言われている。UFO情報を集約・管理すること自体は問題ないだろうという国連の考えもあったようだ。

 そして実際に可決された国連決議「33/426」であるが、この画期的な決議の内容が実行に移されることはなかった。可決直後に、音頭を取っていたエリック・ゲーリー首相自身が、自国内で起きたクーデターによって政権の座を追われてしまったことが大きかったという。以降、国連においてUFOや地球外生命体に関する議論は行われないまま今日に至る。

 

33426_3.jpgゲッティンゲンの街並み「Open Minds」より

 さてUFO着陸場の話に戻ると、今回「ULP42」の整備は、ドイツではかなり画期的な出来事であるようだ。ドイツの行政は、伝統的にUFOや地球外生命体への関心が薄いとされているが、すでにゲッティンゲン市では銀河間貿易に取り組む準備や、地球にやってきたUFOを「ULP42」まで迎えに行くための夜間バス輸送体制も整っているというから驚きだ。さて、ゲッティンゲンの街に宇宙人が降り立つ日は来るのか、目が離せない。
(ヨムノ・トルグ)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

宇宙人がドイツにやって来る!? 「UFO着陸場」が完成、謎の決議「33/426」との関連は?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル