【中国】葬儀中、大声で泣きわめくプロ「泣き女」!! 騒音問題で減少中!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

美加 リッター

,

葬儀

■世界中にある「泣き女」の文化

「泣き女」は中国だけの風習ではなく、台湾、韓国、タイ、インドにも存在している。一見誰でもできそうな気もするが、報酬によって泣き方を変えたり、故人の調査をして、歌に組み入れたり…と、ただ泣いているだけでは勤まるらないらしい。さらに、土地によっては泣くだけではなく、「少し笑える寸劇」「踊り」「アクロバット」…なども取り入れる場合があるそうだ。「泣き女」の需要が多い地区では「泣き女番付」まで存在し、いかに多くの参列者を泣かせたかによって優劣を競うという。


■日本にもあった、「泣き女」

 実は日本でも地域によっては、かつて泣き女がいて、「ナキテ」「ナキビト」「ナキババ」「ナキバアサン」「トムライババ」などと呼ばれていたそうだ。

 さらに驚くことには、古代エジプトにも「泣き女」がいた可能性があるそうで、その時の様子が貴族の墓に描かれているという話がある。ちなみに、エジプトの「泣き女」は、“トンビのような声”で泣いたそうだ。

 ただし最近の中国や台湾では「泣き女」の需要は減っている。都市部では騒音問題によって「泣き女」が法律で禁止されている地域もあり、彼らはだんだん農村部でしか見られなくなっている。そして葬式を行う側も中国伝来の騒々しい葬式ではなく、静かに故人にお別れをしたいと考える人が増えてきているという。
(文=美加リッター)

動画は、YouTubeより

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。