【シリア内戦】結婚ジハード ― 16歳少女2人が(親に内緒で)戦場に向かった理由とは?

 現在イギリスでは、深夜に自宅の寝室から忽然と姿をくらませてしまった双子の姉妹が話題となっている。彼女たちは一体何のために、どこへ消えてしまったというのだろう……。

【シリア内戦】結婚ジハード ― 16歳少女2人が(親に内緒で)戦場に向かった理由とは?の画像1画像は「The Daily Mail」より

 英紙「The Daily Mail」が今月6日に報じたところによると、先週のある朝、マンチェスターの警察に「娘たちが消えてしまった」との通報があった。両親は、我が子を起こすために向かった寝室で、双子の姉妹の姿がないことに気付いたのだという。姿を消した姉妹は、中等教育学校に通う16歳。彼らは10年前にソマリアから移住してきた、イスラム教を信仰する一家であるという。

 姉妹はパスポートや私物を持ち去っており、その後の捜査で、なんと2人がマンチェスター空港からトルコのイスタンブールへ向かって出国していたことが判明。さらに親戚に宛てて、本人たちから現在シリアにいることを告げる連絡が届いたのだった。このような経緯を受けて警察が発表した事件についての見解が、人々に衝撃を持って受け止められた。

「彼女たちはイスラム過激派と結婚するために、シリアに向かった可能性がある」

 警察は以前から、欧州在住の女性イスラム過激派の中には、シリアなどでの「聖戦」に加わる戦闘員の性的慰安要員となったり、彼らの妻となる「結婚ジハード」と呼ばれる動きがあることを掴んでいたという。このような女性たちは、「完璧な人生」を求めて、自ら戦闘に参加する代わりにこのような行為に及ぶのだという。捜査官は、最近の姉妹がイスラム武装組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の教えに傾倒していたことを指摘。さらに現在、姉妹の兄もISISに参加するためにシリアに入国していると考えられることから、「兄を追う形で戦地に向かったのだろう」としている。シリア行きの資金は、姉妹を妻にしようとする戦闘員が提供したと思われるという。


■急速に勢力を拡大するISISとは?

「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」とは、イラクとシリアを股にかけて活動するスンニ派の武装組織だ。指導者であるアブ・バクル・アル・バグダディを全世界のイスラム教徒を統率する存在「カリフ」として仰ぎ、先月29日には一方的にイスラム国家の樹立を宣言した。

 最近のISISは、シリアの政府軍や反政府軍、そしてイラク軍との戦闘を繰り広げながら急速に勢力を拡大している。さらにはあのアルカイダにも従属を要求するなど、その台頭が中東情勢を一層混迷させているのだ。

関連キーワード:, , , , ,

人気連載

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

今夜21時からの『世界ふしぎ発見!』(TBS系)は、国内テレビ初取材となる台湾の...

2023.04.22 07:00スポット
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

【シリア内戦】結婚ジハード ― 16歳少女2人が(親に内緒で)戦場に向かった理由とは?のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル