「君を愛さなかった日はなかった」62年分の想いが込められた暗号のラブレター!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 日本人の私達からすると「愛している」と異性に伝えるのは一大事ではないだろうか。しかも人生90年を過ぎて「君を愛さなかった日はなかった」なんて、なかなか言えないのではないかと思ってしまう。しかし何十年もの時を経て、想いを寄せていた誰かに「愛している」と伝えるのは、何歳になっても遅すぎることはないと証明してくれたカップルについて8月27日付の「Daily Mail」がそのラブストーリーを報じている。


■長い月日を超えて結ばれた二人

codedloveletter1.JPGDaily Mail」の記事より 写真は幸せそうな笑顔のハワードさん(左)とシンシアさん(右)

 92歳を迎えた米国カリフォルニア州在住だった、ハワード・アテブリーさんはシンシア・リッグスさん(82)と昨年結婚した。この二人の出会いは1950年にさかのぼる

 その年の夏に二人は同じ場所で働き、共に時間を過ごし、そして恋に落ちたのだが当時シンシアさんには交際相手がいたため、二人が結ばれることはなかった。それでもハワードさんは彼女を、そして(もしもあの時、一緒になれていたら…)と想い続けていたと言う。そして62年後にハワードさんがシンシアさんに突然送ったラブレターがきっかけで二人は再び連絡を取り合うようになったのだ。

 現在はシンシアさんの出身地であるマサチューセッツ州の観光名所、「マーサのぶどう園」(Martha’s Vineyard)と呼ばれる島に二人で住み、失われた時間を夫婦で取り戻すべく過ごしている。


■ひと夏の恋…暗号に隠されたメッセージとは?

人気連載
【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

ーー“魔女”になるためのデタラメな修行を重ねてきた漫画家・木...

人気連載
奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に変わ...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。