「日本の根拠弱い」イルカ漁問題に、社会学者の古市憲寿氏が言及

iruka_gazou.jpg画像は「Wikipedia」より

「すべてのクジラ類は日本に近寄るだけで危険にさらされる」

 和歌山県・太地町でのイルカ追い込み漁を批判的に描いた、アメリカの映画『ザ・コーヴ』が09年に公開され、第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞などの受賞をはじめ、映画賞を総なめ(公称24冠)にした。

 その影響もあり、国際組織の世界動物園水族館協会(WAZA)は、「イルカ漁をやめなければ、日本動物園水族館協会(JAZA)を組織から除名する」と日本側に通告。これを受けたJAZAは、20日、加盟する水族館が、イルカ漁で捕獲したイルカの展示を禁止することを発表。これにより、日本の水族館からイルカショーが激減する可能性が高まった。

 24日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)がこのニュースを取り上げると、松本人志は、「イルカの追い込みをやめろと、日本に追い込みをかけている」とコメント。

 しかし、どこの国にも水族館や動物園はあるにも関わらず、なぜ、イルカだけ展示が禁止される方向に突き進んでいるのか? そもそも欧米人はなぜ、イルカやクジラが好きなのか? などと疑問が挙がった。これに対し、海外生活の長い、ラフルアー宮澤エマは、外国人がイルカ漁禁止を呼びかける理由について

「単純に感情論だと思います。可愛くて、哺乳類で頭がいいから、擬人化しているところがある」

と語った。

 また、石原良純は

「(イルカ漁禁止は)禁煙みたいなもので、『よくない』と広がったが、(誰でも)動物を殺したり、展示することがよくないというのはわかっている。じゃあ、どこまで(動物をショーに出演させていいのか)ということで、今ではサーカスのゾウも可哀想だと言われている」

と問題定義する。

 日本の社会学者の古市憲寿は

「(日本がイルカ漁禁止に反発するのは)伝統だからというだけでは理由にならない。日本にはすたれてきた伝統と守ってきた伝統の両方がある。『(イルカ漁をするのは日本の)伝統だから』というだけでは根拠が弱くて、もう一歩進まないと世界的にも納得してもらえない」

と指摘した。

 現在、JAZAからのイルカ展示の禁止を受けて、直接的な被害を受ける、太地町の自治体や漁業関係者らからは「不公平な結果だ」という声が上がっている。こうした人々の声に耳を傾けた上で、イルカ漁を伝統として残すか否かについて、いま一度、国内で議論を深めることが必要なのではないだろうか。
(TV Journal編集部)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ