• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 晩婚化・非婚化による少子化が叫ばれる中、セックスを取り巻く環境が大きく変わりつつある。ある専門家によれば、近い将来、ロボットとのセックスがごく当たり前になるというのだが――。


■人間同士のセックスが“野蛮”視される未来

fututresex1.JPG
オリエント工業」のサイトより(18歳未満閲覧不可)

 ソノ筋(!?)には有名なオリエント工業の「リアルラブドール」や、米・アビスクリエーション社の「リアルドール」だが、現状ではまだまだ一部のマニア向けアダルトグッズだろう。しかし近い将来、このアダルトグッズとロボット技術が結びつくことにより、世の中の“セックス事情”は劇的な変化を迎えるというのだ。

 英・サンダーランド大学の心理学者、ヘレン・ドリスコル博士が「Huffington Post」(8月2日)に寄稿した論説によれば、セックスにまつわるテクノロジーの進歩がこのまま続けば、50年ほどでこれまでの人間同士の肉体関係は“野蛮”なものと認識されるようになるという。

 人間同士の“野蛮なセックス”にとって代わるものとは、ロボットとのセックスだ。現状でもラブドールや各種アダルトグッズの進歩はめざましいものがあるが、このままのペースで技術革新が続けば、50年以内にロボットとのセックスのほうがメジャーな行為になるという。そして、生身の人間に代わってロボットを“パートナー”に選ぶ人も増えてくるということだ。

 現時点において「ロボット性愛症(Robophilia)」とはまだ好奇の対象だと思えるが、テクノロジーの進歩とともにロボット性愛はきわめて当たり前のことになるとドリスコル博士は主張している。

「今後バーチャルリアリティ(VR)技術はますますリアルに没入できるものになり、VRセックスにおいても人間同士のセックスを真似たり、場合によってはセックスのテクニックを向上させることができるようになります。ある人々が人間相手のセックスを前提とせずに、むしろこの技術(ロボット)を性の対象として選ぶようになったとしても驚くべきことではありません」(ヘレン・ドリスコル博士)


■人工知能やロボットとの関係に“現実味”が増してきている

 ロボットとのセックスが当たり前になる時代がやって来る……。ドリスコル博士は、いくつかのポイントを挙げてこれを解説している。

コメント

5:匿名2018年8月 6日 22:56 | 返信

そうなると、人間の女性の価値は底辺まで落ち込んで無価値になるね。
社会で女性を庇う制度も消え失せるって感じだな。ハンデや優遇チート技で底上げしたからこそ
対等の顔で来てたのに、そうなると女大ピンチって奴

4:匿名2017年9月 3日 14:44 | 返信

「チェリー2000」じゃないの?

3:匿名2015年9月 4日 02:03 | 返信

トヨタは車なんか作らんでいいから、
エロいアンドロイドはよ作って
(>___<)

2:匿名2015年9月 2日 14:08 | 返信

セックスできるメイドロボはよ

1:匿名2015年8月27日 03:53 | 返信

セックスロボットと2人暮らしをしたいけど、
それだと、掃除・洗濯・洗い物の負担が減らないから、
家政婦ロボットも早く開発されるといいな(#^.^#)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。