「真っ青な顔のクマ」が発見される!突然変異かイタズラか?

関連キーワード:

,

 今月1日に撮影された、青色の頭部のクマの映像が海外メディアで話題を呼んでいる。どうせ誰かのイタズラだろうと即座にブラウザを閉じようとしたあなたには少し考えてみてほしい。真っ青な頭を持っているのは、野生のクマである。以前注目を集めた全身緑色のネコ(詳しい情報はコチラ)とは違い、クマにペイントを施すなど、およそ常人には不可能だ。

 さて、問題の動画が撮影された経緯を振り返ってみよう。

 動画の投稿者であるアーロン・スミス氏は、午後5時15分、仕事場から自宅に向かうため、カナダのブリティッシュコロンビア州シルバーミア湖周辺を運転していたという。車窓からいつもと変わらない家路を眺めていると、異様なものが彼の目に飛び込んできた。

「真っ青な顔のクマ」が発見される!突然変異かイタズラか?の画像1画像は、YouTubeより
動画は、YouTubeより

 ありえない色の頭をもつクマである。黒いクマの体に、鮮やかな青色の頭が乗っている。どこにでもあるような茂みの中によく青が映えている。哺乳類にはに実在するはずもないような蛍光色ではあるが、小熊と一緒に進んでいく姿はなかなか愛らしくもある。

 その特異な光景は道行く人々の足を止めさせたが、クマの不思議な色の謎は誰にも解明できなかった。そこで、スミス氏はその原因の糸口をつかむため、SNS上に動画を共有し拡散させることを選んだのだ。

 メラニンの欠乏により体毛や皮膚が白くなるアルビノや、その逆で黒くなるメラニズムなどは目にしたことのある読者も多いかもしれない。しかし、頭部だけ青くなるというのはまさに前例のない事態だろう。

 動物へのイタズラが度を越えた末の事件でなく、生物の新たな突然変異の一例であることを切に願うばかりである。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「真っ青な顔のクマ」が発見される!突然変異かイタズラか?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル