【朗報】「セックスを止めれば、あなたは150年間生きられる」科学者が断言!!

GivingUpSex.jpg画像は「The Daily Mirror」より

 長い歴史の中で、人類の寿命は右肩上がりに延びてきた。科学技術の発展、食糧事情や衛生状態の改善など、背景にさまざまな要因があることは間違いないが、ではこの先も人類は順調に寿命を延ばし続けることができるのか? 英国で活躍する若き科学者は、もちろんそれは可能で、近い将来150歳まで生きることも夢ではなくなると語る。しかし彼によると、寿命を延ばすためには条件があるという。それはなんと――セックスを止めることだった!

 長生きのためにセックスを止めるべきだと主張しているのは、ロンドンで老化研究のシンクタンク「Biogerontology Research Foundation(生物老年学研究財団)」を主宰する若きラトビア人、アレックス・ザヴォロンコフ博士(36)だ。これまで博士は、アンチエイジングのスペシャリストとしてさまざまな研究に携わってきたが、昨年そこで得た知見を『平均寿命105歳の世界がやってくる(原題:Ageless Generation)』(柏書房)という一冊の本にまとめた。そして今回、英紙「The Daily Mail」のインタビューに応じ、自らの主張の真意を語ったというわけだ。

 アンチエイジングのため、生活習慣や食事、運動など多くの面で自らにも厳しい制限を課しているザヴォロンコフ博士。彼に言わせれば、セックスとは人間が本来持っている可能性をフルに発揮することを阻害する「雑念」のようなものに過ぎないという。“エネルギーを減退させる”このような行為として、博士はセックスのほかに、結婚して家庭を築くことや子どもを持つこと、さらには財産にこだわることを挙げる。これらは長寿のためにすべて不要なものであり、75~100歳になるまで遅らせるべきとのことだ。(75歳になって自分の子どもを持つことができるのか、博士は言及していない)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ