【朗報】「セックスを止めれば、あなたは150年間生きられる」科学者が断言!!

GivingUpSex_2.jpg

 いずれにしても博士は、セックスを断った暮らしが人々を“ずっとずっと”長生きさせると言い切る。そしてセックスの代わりに、腹筋運動や腕立て伏せなどのエクササイズを習慣にすることを勧めている。また、食事から摂取するカロリーを減らすことも長寿に効果的であるとのことだ。

「150歳まで生きることは、決して非現実的なことではありませんよ。あと30年生き抜けば、そんな時代に突入できるでしょう。死ぬことは、正直まったく頭にありません」

 こう語る博士は、スキーや乗馬などのスポーツを一切拒否し、自動車も運転しないという変わり者だ。その理由は「自分の歳では、ガンになって死ぬリスクよりも事故で死ぬリスクのほうが高いから」とのこと。しかしその一方で、アンチエイジングのために1日20時間も研究に勤しんでいるそうだ。これは逆に寿命を縮める結果を招くのではないか……? 何となくツッコミどころが満載のザヴォロンコフ博士だが、長寿という彼の目標自体に異を唱える人は少ないだろう。寿命を縮めない程度に、研究を頑張ってほしいものだ。
(編集部)


参考:「The Daily Mail」、ほか

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ