いまだ科学では解明できない「女の潮吹き」の謎

 日本のAV界では一定の支持もあり、ネットでムフフな動画を検索するときも、カテゴリーのなかにしっかりとジャンルとして確立している女性の「潮吹き」。この「潮吹き」、実はイギリスのAVでは禁止されているのはご存知であろうか?


■“潮吹き”は放尿か?

いまだ科学では解明できない「女の潮吹き」の謎の画像1Independent」より

 昨年、イギリスの映象審査機関であるBritish Board of Film Classification (BBFC)は、あるポルノ映画の「潮吹き」のシーンを6分にわたってカットした。その理由は、英語では女性の射精とも呼ばれている「潮吹き」は、実際には存在しない妄想であるからというものであった。これに、思わぬところからクレームが入った。

 Feminists Against Censorship (FAC) 、“検閲に対する女性権利を主張する会”とでもいうのであろうか、女性側から潮吹きが存在しないとするBBFCの検閲に膨大な科学的資料を添付して反論してきたのである。

 イギリスの「Independent」紙やアメリカのオンラインジャーナル「RawStory」のレポートによると、BBFCは「潮吹き」はフィクションであり、演出上「潮吹き」としているが撮影されているのは放尿であるに違いないと主張し、放尿シーンはイギリスの公序良俗法に反するためにカットされたものであるとの説明をしているが、FACはこれに対して真っ向から反対をしているとのことである。この論争は、いまだ決着がついていないままであるが、この「潮吹き」に関しての科学的検証も実に興味深い。

 古くは、ギリシャのアリストテレスやピホクラテスなどの記述に、「女性の射精」や「女性の放電」、4世紀の中国では健康的な神秘現象などとも残されてはいるが、科学的検証としては、カーマスートラのなかで生理現象として記述されているにすぎない。昔から、男としては興味のある現象であるのだが、それを科学的に分析し、記録しようとは思わなかったのであろうか、わからないわけでもない。

関連キーワード