【トライポ閲覧注意】インド人女性の体内から11,950個の胆石出現! 医者も驚愕、異次元レベルのグロ画像…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

※蓮コラが気持ち悪いなど、トライポフォビアな方は2頁目ご注意ください。

「いやぁまいったよ、人間ドックで胆石が見つかっちゃって…」

 中高年の紳士淑女にとって「突然の胆石」は、あるあるネタと言っても差し支えないほどに身近なトピックスであり、日本で暮らす成人のおよそ8%が体内に胆石を持っているとも言われている。

 胆石とはコレステロールやカルシウム、塩などの成分が、肝臓の下部にある胆嚢や胆管の中で結晶化してできる固形物である。胆石の原因には肥満や過食、不規則な生活、ストレスなどが挙げられるが、実のところ、なぜできるのか詳しい事はわかっていない。(以前本サイトで紹介した、ストレスで胆石ができた31歳日本人男性の手記はコチラ

 また、発見されたとしても日常生活に差し支えのないものは、そのまま放置して経過観察といったケースも多い。だが、胆石のできた場所や大きさ、数によっては腹部に痛みを伴ったり、内臓機能を低下させることもある。

indhia1201.jpg画像は、「DailyMail」より。ミナティ・モンデルさんと医師。

 27日、英メディア「DailyMail」が報じた内容によると、インドで暮らす51歳の中年女性ミナティ・モンデルさんは、2カ月ほど胃の痛みと胃酸の逆流に悩まされていた。最初は一時的なものだろうと楽観視していたのだが、その痛みは日を追うごとに酷くなっていったため、彼女はインドの大都市コルカタにあるデブドゥト・セビヤン病院を訪れた。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

3:匿名 2015年12月3日 01:29 | 返信

キレイです

2:匿名 2015年12月2日 12:59 | 返信

キャビアみたいですね。

1:匿名 2015年12月1日 15:37 | 返信

チョウザメ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。