中国四大奇書・生物系三大奇書… 読むドラッグもとい、読むと発狂する世界の奇書5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

●『鼻行類 新しく発見された哺乳類の構造と生活』(平凡社/ハラルト・シュテュンプケ)
“生物系三大奇書”のひとつとも呼ばれる『鼻行類』。1941年に日本軍収容所から脱走し、ハイアイアイ群島に漂着した捕虜は、独自の進化を遂げた鼻で歩く一群の哺乳類(=鼻行類)を発見した。多くの動物学者に衝撃を与え、世間を騒がせた鼻行類の観察記録……というフィクション。ただ、生活スケッチや解剖図まで含む豊富な図版と、科学者らしい控えめな文体に、フィクションと気づかず読み進める人もいるようだ。


●『アフターマン 人類滅亡後の地球を支配する動物世界』(ダイヤモンド社/ドゥーガル・ディクソン)
 上記の『鼻行類』同様、“生物系三大奇書”のひとつとされる『アフターマン』。5000万年後、人類が滅亡した世界を支配する、多くの動物が描かれる。温帯の森林と草原に10数頭の群れを作って棲む、背中に多数の白い斑点持つコモン・ラバック(ラバックはウサギの子孫という位置づけ)、チーターのような体つきをし、160km/h以上の速さで疾走可能なラピド、ソーセージのような胴体に、砂を掘るのに適した形の短い四肢が生えた食虫類の一種であるデザート・シャークなど。ちなみに、もうひとつの“生物系三大奇書”は、時空のあわいに棲み、われらの知覚を退ける(架空の)植物群を記した『平行植物』(工作舎ほか/レオ・レオーニ)。

コメント

2:匿名 2016年1月6日 13:28 | 返信

>> 1

たしかに

1:匿名 2015年12月25日 13:50 | 返信

ドグラ・マグラっていうほど面白くもねーよな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。