圧倒的スケール! 村上隆の五百羅漢図を見ると「妙に元気が出る」のはナゼ? 五百羅漢寺で探ってきた

関連キーワード:

,

,

■五百羅漢寺(目黒区)で、松雲の羅漢像と村上の羅漢像を比べてみた!

hondo.jpg五百羅漢寺 本堂内部

 さて、所変わって、五百羅漢寺である。本堂および羅漢堂には夥しい数の羅漢像が整然と居並んでおり、その光景は壮観である。だからと言って決して近寄り難い感じはしない。これらの像をよくよく見てみると、村上隆の《五百羅漢図》に負けず劣らず、実におもしろいのだ。

 松雲の羅漢像は、その表情にしろポーズにしろ「十人十色」で、当時の人たちが夢中になった理由も分かる気がする。では、江戸の町民になったつもりで、「らかんさん」たちを見てみよう。

■光明綱尊者像

rakan5.jpg光明綱尊者像 木像 五百羅漢寺蔵

 まず、組んだ腕を枕代わりに居眠りをしている「らかんさん」は、光明綱尊者(こうみょうこうそんじゃ)である。筆者も学生時代、よくこういう風にして授業中居眠りをしたものである。もっとも、説明書きには「心をいつも平らかにし、気を和す」とあり、羅漢は高い境地に達しているのだ。とは言え、何だか本当に気持良さそうだ。

■羅睺羅尊者像

rakan6.jpg羅睺羅尊者像 木像 五百羅漢寺蔵

 中央の一段高い所に座しているのは「羅睺羅尊者」(らごらそんじゃ)である。自身の腹を開けて心の中を見せている。そう、村上隆も描いていた釈迦の息子である。「十大弟子」にも連なるほどの高僧であるが、キリッとした目鼻立ちをしたなかなかの美男子である。口元に微笑を浮かべ、ひときわ大きな耳もバランスが取れている。よく見ると、衣服の袖のあたりに少し青い塗料が残っているが、もともとは衣服全体が鮮やかな青色だったのだろう。身体を覆う金色と相まって、優美な配色である。さてさて、村上が描いた「羅睺羅」と比べてみて、いかがであろうか。

↓村上が描いた「羅睺羅」

rakan3.jpg 《五百羅漢図》[青竜](部分)2012年 アクリル、カンバス、板にマウント 302×2,500cm@Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd. All Rights Reserved.

■馬勝尊者像

rakan7.jpg馬勝尊者像 木像 五百羅漢寺蔵

 写真中央でこちらを向いているのは「馬勝尊者」(ばしょうそんじゃ)である。縁起のいいその名前から競馬ファンに人気があるらしい。むろん実際にはそのような意味はないが、たしかに、その表情や仕草を見ていると、「大丈夫。今日のお前なら勝てる」と言われているような気がする。ちなみに昔は目黒に競馬場があったそうだ。

■頂生尊尊者

rakan8.jpg頂生尊尊者像 木像 五百羅漢寺蔵

 この「らかんさん」は、満面の笑みがすばらしい。「頂生尊尊者」(ちょうせいそんそんじゃ)という名で、「自分が笑えば相手も笑う」とある。200年前、300年前の人たちも同じようにこの笑顔にホッとしたことだろう。なお言えば、こうした羅漢像は単に歴史的な遺産というだけでない。何かと多難な現代の世の中でこそ、この「らかんさん」の笑顔が生きてくるはずである。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ