「月面着陸は捏造、私が撮影した」スタンリー・キューブリック死後15年目の告白動画が話題! やはりNASAは月の秘密を隠している!?

 1969年、アポロ11号による人類初の月面着陸に世界中が沸き立った。この様子は世界に中継され、人類は歴史的瞬間に興奮したのだった。

 だが、まもなくすると月面で撮影された映像に疑惑が沸き起こる。空気がないはずの月ではためく星条旗、太陽は1つなのにさまざまな方向に向いている影、合成と思わせるような画像……またそもそも、地球を取り巻く人体に有害な放射能の帯「ヴァン・アレン帯」を、当時の薄い鉄板の宇宙船で通り抜けて宇宙飛行士たちは死ななかったのだろうか?

 それらの疑問はすべて専門家によって説明されてきた。しかし、NASAはアポロ11号月面着陸に関するオリジナル映像や記録データを紛失したという。そのような貴重なものをなぜ失くすのだろう? 何かを隠蔽するためなのか。

1225KUBRICK_hon1.jpg画像は「Wikipedia」より引用

 早稲田大学名誉教授の大槻教授は、超常現象を科学的見地から否定する人物として有名だ。その教授が、アポロ11号が月から持ち帰った石を東京大学の物性研究所で研究したところ、「ただの石ころ」としか結果が出ず、本当に月のものかどうか疑わしいと述べている。それでも、大槻教授はアポロ11号の月面着陸捏造説があることに関してはノーコメントとしているが、これ以外にも新たな疑惑が続々と浮上している。

 その再反論で、月に行ったことの証拠として月面に置いた反射鏡があり、地球から反射実験しているというが、これは無人探索機でも置いてこられるので、有人探査の証拠としては弱いだろう。

 そして、とうとう巨匠スタンリー・キューブリックによって「月面着陸の映像は撮影された」という説まで流れ出したのだ。

人気連載
実話! 生娘を平気で犯し、他人の物は強奪! 悪逆非道な村の独裁者“殿”のヤバすぎる末路=西日本

実話! 生娘を平気で犯し、他人の物は強奪! 悪逆非道な村の独裁者“殿”のヤバすぎる末路=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく世の中には、...

人気連載
あなたの「メンヘラ度」がバッチリ当たる衝撃の4択占い! ストレス爆発を防ぐため… Love Me Doが真心アドバイス!

あなたの「メンヘラ度」がバッチリ当たる衝撃の4択占い! ストレス爆発を防ぐため… Love Me Doが真心アドバイス!

■あなたと感情 「ある女神が、“周囲には秘密にしているス...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ