【閲覧注意】泥酔したまま、マイナス30度の屋外で眠った女性の末路がトンでもなさ過ぎた

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 年末年始の飲み会――。つい飲み過ぎて、駅や道端で寝込んでしまった経験を持つ方も多いと思う。しかし、それがマイナス30度にもなる極寒の土地だった場合……、笑いごとではなく、命にさえ関わる問題となるのだ。


■マイナス30度の屋外で酔ったまま眠る

 カナダ、サスカチュワン州は厳しい冬で有名な土地だ。厳寒期には、コップの水を地面に捨てる前に氷柱になるという。

 昨年12月、オーストラリア人のエマ・クアークさんは友人と真夜中にバーを訪れた。そして酔ったクアークさんはタバコを吸いに行くと言い残し、上着も手袋も身に着けないでマイナス30度の戸外に出た。そして彼女は3時間後に老人ホームの庭で丸くなって寝ているところを見つけられた。アルコールの酔いで前後不覚に陥り、なぜそこに倒れているのか記憶もなかったという。

horrificfrostbite1.JPG腫れ上がって膿を持ったクアークさんの指 「Daily Mail」より

 発見後クアークさんは直ちに病院に担ぎ込まれたが、「運がよければ指は助かる。でも運が悪ければ両手を失う可能性がある」と看護婦から告げられた。その時彼女の指は凍傷で真紫になっていた。

関連キーワード