手足に水かき、猫目、エラ呼吸…未来の人間の姿がヤバすぎる! 環境別3パターン

 私たち人類は、約200万年前にアウストラロピテクスから分化し、40~25万年前に現在の姿(ホモ・サピエンス)へと進化した。この体は、100万年単位の長い時間をかけて少しずつ地球環境に適応してきた結果だ。しかし、現在の人類が進化を止めてしまったという証拠はどこにもない。今後、地球環境や生活習慣が大きく変われば、長い時間をかけて(もしくは科学技術を用いて)それに適応した体へと変貌を遂げる可能性はあるだろう。つまり、未来の人類の体がどう変わるかは、今後の人類を取り巻く環境がどのように変化するかに左右されるというわけだ。

 そして今、英・ケント大学の古人類学者マシュー・スキナー博士が、SFドラマの制作に協力するため未来人の身体的特徴を導き出して発表。アーティストのクエンティン・デヴァイン氏によりイラスト化されたその姿が、あまりにも衝撃的だとして海外メディアを大いに沸かせている。今月13日付の英紙「The Daily Mail」によると、博士は未来の人類が置かれる環境として、地球が「温暖化による海水面上昇の果てに、表面のほとんどを海が占める海洋惑星となった場合」、また「小惑星の衝突の結果、塵が大気中に充満して日光を遮断し、氷河期に突入した場合」、そして「人類がほかの星に移住した場合」の3パターンを挙げ、それぞれの場合に人類の体に起こるであろう変化を考察した。以下こそ「未来人」、その衝撃の姿である。


■温暖化により地球が「ウォーターワールド」となった場合

手足に水かき、猫目、エラ呼吸…未来の人間の姿がヤバすぎる! 環境別3パターンの画像1左:現代人 右:未来人 画像は「paranormal-news.ru」より引用

・ 海で覆われた世界に適応するため、手と足の指の間に“水かき”が発達する
・ 水中の僅かな光でも周囲がよく見えるように、網膜の層が“猫の目”のようになる
・ 水中で眼球を守るため、もうひとつ“半透明の瞼”が形成される
・ 水中に食料を求める必要性から、人工的なエラを装着する
・ エラの装着は、肺を退化させるとともに肋骨部分の胴体も細くする
・ 水に長時間浸かっても体温が低下しないように、乳児期に蓄積される体脂肪を大人になっても維持するようになる

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

手足に水かき、猫目、エラ呼吸…未来の人間の姿がヤバすぎる! 環境別3パターンのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル