「ケーララの赤い雨」事件 ― 空から降り注ぐ奇妙な雨に含まれていた“恐るべき秘密”

 2001年7月25日~9月23日の約2カ月間、インド南西部のアラビア海に面したケーララ州コッタヤム地区とイドゥキ地区で、常識では考えられないような現象が発生した。なんと、空から“赤い雨”が断続的に降り注いだのだ。ひどい時には、服がピンク色に染まるほどだったという。特に9月末には、赤い雨が10日ほど降り続き現地住民を恐怖に陥れたが、それ以降は少しずつ収束したと伝えられている。

■詳説:「ケーララの赤い雨」事件

 この「ケーララの赤い雨」事件について、確かな発生原因は現在も不明のままとなっているが、地元住民の話としていくつかの不思議な証言が残されている。それによると、赤い雨が初めて降った日、雨の前に雷鳴が鳴り響いたかと思うと、地面に積もった落ち葉の上に電光が直撃したという。すると、積もった落ち葉のあちこちに大きな穴が空くとともに、あったはずの落ち葉が突然消えてしまったというのだ。

「ケーララの赤い雨」事件 ― 空から降り注ぐ奇妙な雨に含まれていた恐るべき秘密の画像1画像は「YouTube」より引用

 また、赤い雨が降った範囲は、地区のごく一部(数平方キロメートル)にすぎず、1回の降水時間も20分弱と短かった。赤い雨が降る2~3m横で、ごく普通の雨が降っていることもあったという。そして何よりも奇妙だったのが、赤い雨の“成分”だった――。


■赤い成分の正体は何だったのか?

「ケーララの赤い雨」事件 ― 空から降り注ぐ奇妙な雨に含まれていた恐るべき秘密の画像2画像は「Wikipedia」より引用

 さまざまな研究機関が“赤い雨”の謎を解き明かそうと調査に乗り出すと、そこに含まれていた赤い固形分の総量が、およそ50トンにのぼることが判明する。当初は、アラビア半島から飛散してきた砂埃、もしくは隕石などに由来する放射性物質が雨に混入していると考えられていたが、成分を分析すると想定外の結果が待っていた。というのも、赤い色の由来である固形分が、何らかの「生物に由来する」ことが明らかになったのだ。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

「ケーララの赤い雨」事件 ― 空から降り注ぐ奇妙な雨に含まれていた“恐るべき秘密”のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル