「ジカ熱」、感染拡大の原因はセックスだった!? 生物学者が妻との性行為で発見か?

 南米やカリブ海地域で感染拡大が加速するジカ熱の猛威――。ネッタイシマカなどの熱帯地域の蚊がジカウイルス感染の媒介になっていることが確認されているが、「かつて性行為によって人間の間でジカウイルス感染が発生した」と主張する生物学者が現れ、物議を醸している。


■ブライアン・フォイ教授「ジカウイルスがセックスで妻に感染した」

 セックスによってジカ熱が感染する――。この物騒な(!?)主張をしているのは、コロラド大学の生物学者であるブライアン・フォイ教授だ。

 フォイ教授は、2008年に熱帯の蚊を研究するために同僚と共に西アフリカのセネガル南東部の村・バンダファッシを訪れた際に何度も蚊に刺され、何らかのウイルスに感染したのだ。発症は帰国してからはじまり、発熱はもちろん全身倦怠感、手首の膨張、発疹、関節痛、排尿の際の痛み、皮膚疾患などに加え、精液に血が混じることもあったという。これがジカ熱であったのかどうかは正確にはわからないのだが、フォイ教授はジカ熱であると主張している。それというのもこれまでの熱帯地域への渡航でデング熱や黄熱などに対しては一通りの抗体を持っていたからだ。ちなみに、現在でもジカウイルスに対するワクチンは開発されていない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ