100年以上前に描かれた2000年代の未来予想図が奇々怪々!人間の想像力に脱帽!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

人口孵化機

N100yearsagofrench6画像は「Twistedsifter」より

 

 一見のどかな風景に見えるがちょっとお姉さん、一体何をなさっているのですか?? この機械に卵を入れるとポコポコと孵化してヒヨコになって出てくるみたいだ。しかも、その先に置いてある餌が問題だと見た。これを食べるとすぐに鶏に大成長、これはとんでもない毒薬を食べさせているようにしか思えませんぜ。

 この機械の仕組みはまったくもって謎だが、煙が出ているところをみると、熱で温めているのだろうか。しかし、なぜふたつのホイールをメビウス状につないでいるのかも疑問。成長した鶏は自分で鶏小屋へ行くのであろうか。となるとこの毒薬、いや餌には催眠作用もあるということか。

最新理髪店

N100yearsagofrench5画像は「Twistedsifter」より

 

 最新式の理髪店では、柱に取り付けられたアームを操作することでカットから髭剃りまでやってくれるみたいだ。どこかレバーや鏡台がアナログなところが妙に面白い。これこそチャップリンの「モダンタイムス」以外のなにものでもないという感じだが、「モダンタイムス」も1936年の映画であるから発想はさほど変わらないのか。

 しかしこのアームに髭を剃ってもらうのは命の危険を感じるので勘弁したいところだ。右奥の方、事切れていません?大丈夫ですか? 

関連キーワード

コメント

2:ピポタマ 2017年2月11日 21:53 | 返信

 今、2120年の日常風景を想像したらどんな状況が描かれるんでしょうねぇ?
 こういう時に”悲観的な未来”しか描けないようだと実際の未来も悲壮な状況にしかならないと思うんですよねぇ・・・
 過去の作品を今に照らし合わせて笑い飛ばすのも良いですが、その当時の生活様式と想像される未来との生活水準のギャップを、今の世に置き換えて、そのスケールの想像が出来るのか?と言う視点でこういう”未来予想図”を読み解く事の方が、面白い楽しみ方だと思うんですけどねぇ・・・

1:匿名 2016年6月5日 16:46 | 返信

ほほほう

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。