【衝撃】エリア51で撮影された「宇宙人のインタビュー映像」! UFO研究家ら「100%本物」と断定

「100%本物」。こう断言するのはトカナではおなじみのUFO研究家スコット・ウェアリング氏である。ウェアリング氏は世界中に出現しているUFOや宇宙人を分析しているUFO研究の第一人者であり、氏のサイト「UFO Sightings Daily」は世界中のオカルト愛好家たちが注目しているサイトの1つだ。

 そんなウェアリング氏が、自身のサイトで“「Alien Interview」に出てくるエイリアンは『100%本物である』”と断言したとあり、その真偽に注目が集まっているのだ。エリア51から極秘に持ち出されたというこの映像はトカナ読者の目にはどのように映るだろうかー? ぜひ問題の映像をご覧いただきたい。


■本物か? 偽者か? そしてその流出経路は?

「Alien Interview – Leaked Tape? Full Documentary.」 動画「YouTube」より

 32分を少し過ぎた頃に現れるのが、話題になっているエイリアンである。ご覧いただくとわかるように、灰色の肌につり上がった大きな目――これはまさしく「グレイ・タイプ」で間違いないだろう。画面中央右にある医療用モニターが点灯を繰り返すくらいで、居室内はとても薄暗く大きな動きは見られない。

 部屋の中でインタビューを受けているというエイリアンは、大きな頭をゆらゆらと揺すりながら座って(座らされて)いるが、少しすると様子は一変。突然具合が悪くなったエイリアンは駆けつけた医療チームに応急処置を施されるも、口から液体を吐き出し、周囲が慌てだしたところで映像は途切れる。

 およそ3分の短い動画であるが、カメラアングルも固定されており、とてもリアルだ。画面左下には米国家情報長官をさす「DNI」の表示もあり、これが本物であればこの映像は国家機密級であることは間違いないだろう。そこで浮かび上がってくるのがこの映像の流出元である。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ