【激写! 心霊写真】プロの写真家が徹底検証…編集部に届いた首なし男の写真、そこに写るはグレイの正体か?

関連キーワード:

,

 日々、トカナ編集部にはまだ表に出ていない極秘情報から、UFO目撃情報等さまざまな情報が寄せられている。それらを精査するのも編集部の仕事のひとつだが、先日届いた一枚の写真の真偽に揺れている。心霊写真やUMAを撮影したという写真もよくいただくことがあるが、フェイクであることも少なくはない。しかしこの一枚だけはその答えが出せずにいたのだ。

 事の発端はお世話になっているライターさん(以後A氏)が打ち合わせの帰り間際にもたらした、古いハードディスクを整理していたらなんだか不思議な写真が出てきたという一言だった。写真が趣味だというA氏は、後日メールにてその写真を送るということで、その話はそのまま忘れ去れられるところであった。ちょうど記憶から消えかけていた頃、一通のメールが届いた。


■メール受信 件名:先日お話しました「首なし男」の写真です。

 メールは簡素なものであった。本文には「自分では何かオカシイという事以上は分かりませんが、一応送ります。まるで首なし男みたいなんです。10年くらい前にデジカメで撮ったものなのですが、ここまで頭が写らないなんてちょっとあり得なくないですか?是非検証していただければ有り難いです」と綴られ、一枚の写真が添付されていた。メールの件名には、先日お話しました「首なし男」の写真ですとだけあり、恐怖新聞が投げ込まれたような不気味さを感じた。

【激写! 心霊写真】プロの写真家が徹底検証…編集部に届いた首なし男の写真、そこに写るはグレイの正体か?の画像1

 これがその写真である。確かに見たところキレイなほどに首が全く写っていない、まさに「首なし男」である。ただ、写真を見るに自転車を押しながら歩くこの男性だが、姿勢によってはたまたま上手いこと首がないように写っただけなのかもしれないという疑問は当然抱く。確認のため、A氏に電話連絡し以下の情報を得た。

・撮影した時は何にも異変は感じなかった。なんとなく撮っただけで、30代くらいの男性だった。
・加工、編集などは一切していない。
・撮影時、特に変わった姿勢をこの方がとっていたという印象は残っていない。
・撮影したのは横浜の菊名駅から少し歩いた、平坦な歩道であり横幅2メートルほどだったと記憶している。

 A氏いわく撮影したのが10年ほど前ということもあってどこまで信ぴょう性があるかは定かではないが、これらの話を仮に真実だとして自転車を押しながら歩き背後から見た場合、頭が完全に見えなくなることはあるのか編集部で検証してみた。その結果、極端なほど腕を前方に突き出し思いっきり頭を垂れるような格好をすれば頭は見えなくなるが、背中はかなり丸まってしまうので問題の写真とは食い違いが出てしまう。背中がさほど丸まっていないことから極端な前傾姿勢をとっていないことはわかった。

 また襟のある服ゆえにそう見えるのではという指摘もあったが、平坦な道で自転車を押していることを考えると頭を下げれば前方が見えなくなってしまう。

 もう少し専門的な検証が必要だということで、毎度心霊写真などの検証を依頼しているフォトグラファーのアナザー茂氏に鑑定をお願いした。

【激写! 心霊写真】プロの写真家が徹底検証…編集部に届いた首なし男の写真、そこに写るはグレイの正体か?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル