【重病説】「ヒラリーは、プーチンに毒を盛られている」 伝説的医師が決死の暴露!!

【重病説】「ヒラリーは、プーチンに毒を盛られている」 伝説的医師が決死の暴露!!の画像1画像は「SALON」より引用

 アメリカ大統領選挙の投票まで2カ月を切る中、民主党陣営を震撼させる事態が持ち上がった。そう、ヒラリー・クリントン候補(68)の健康問題だ。実は各国の陰謀論者の間では、かなり早い段階から「ヒラリー重病説」が囁かれており、トカナもそれらを逐一お伝えしてきた。しかし、(何らかの意図が働いたのかは不明だが)各国大手メディアは重病説を嘘と決めつけ、完全無視してきた経緯がある。

【重病説】「ヒラリーは、プーチンに毒を盛られている」 伝説的医師が決死の暴露!!の画像2画像は「The Daily Mail」より引用

 ところが先月12日、あろうことかオハイオ州クリーブランドで行われた演説中に、ヒラリー候補は支持者たちの眼前で“異様な咳”を連発。さらに今月、同時多発テロの追悼式典をよろめきながら途中退出する決定的瞬間が映像に収められ、ようやく重病説が多くの人に認知されるに至った。隠し切れないと悟ったヒラリー陣営は、「肺炎と診断されたものの、現在回復した」として火消しに躍起だが、すでに影響が現れている。最新の調査では、これまでリードしていたヒラリー候補の支持率が低下し、共和党のトランプ候補が4.7%上回っているという。

 さて、このような状況下、アメリカ国民のみならず世界中を震撼させるニュースが飛び込んできた。なんと、ヒラリー候補は「毒を盛られている可能性がある」というのだ!

動画は「YouTube」より


■世界的名医が主張「ヒラリー候補の毒物検査を」

 今月14日付の英紙「The Daily Mail」をはじめとする複数の海外メディアによると、恐るべき主張を唱えているのは、ナイジェリア系アメリカ人の神経病理学者、ベネット・オマル医師だ。ヒラリー候補の体調不良を目にしたオマル医師は、自身のツイッターで、次のように語っている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ