中国山間部に“UFO”が墜落、村人驚愕、空飛ぶ円盤そのもの! 中国版ロズウェル事件発生か!?

 中国から衝撃的なニュースが飛び込んで来た。なんと、中国山間部の村にUFOが墜落したというのだ! さらに、墜落現場付近ではUFOの一部と考えられる金属片が複数見つかったという!

 UFOの墜落といえば、1947年にアメリカ、ニューメキシコ州ロズウェルにUFOが墜落し、米軍によって機体、さらに搭乗していた宇宙人まで回収されたと言われる「ロズウェル事件」が最も有名だ。事件に関与していた当事者の新証言が発表されたり、新たな写真が度々公開されるなど、70年近く経過した現在でも多くの謎に包まれ様々な疑惑に満ちているロズウェル事件であるが、今回の墜落事件に関しても、既に中国のSNSでは様々な憶測が飛び交っているようだ。英紙「Daily Mail」、「THE Sun」など複数の海外メディアが取り上げている。現場の写真とともに、事件の経過をたどってみよう。


■轟音とともに落下! そして燃え始めた……

 事件の舞台は、中国のほぼ中央に位置する陝西省、府谷新区張家畔村。今月12日午後1時ごろ、正体不明の物体が村はずれの山に落下するのを、何人かの村人が目撃。不審に思い駆けつけると、落下地点には1m×50cmほどの大きな穴が開いており、その穴からは火が出ていたという。現場に居合わせた住民によって撮影された、画像と映像が残っている。

中国山間部にUFOが墜落、村人驚愕、空飛ぶ円盤そのもの! 中国版ロズウェル事件発生か!? の画像1画像は「THE Sun」より引用
中国山間部にUFOが墜落、村人驚愕、空飛ぶ円盤そのもの! 中国版ロズウェル事件発生か!? の画像2画像は「THE Sun」より引用

 画像を見ると、地面にぽっかり開いた細長い穴は確かに燃えている。普通に考えれば、衝突の際になんらかの理由で火が出たのだろう。しかし、ご覧の通り穴の中には何も残されていなかった……。

 また、穴の周囲には、白い粉か液体のような物が散乱しているのが確認できるが、これは一体何だろう。だいぶ小さいとは言え、火はまだ燃えていることを考えると、駆けつけた村人が消化器を使った跡ではなさそうだ。画像や映像は、現場に到着してすぐに撮られたものだと見られる。であるなら、この穴を開けた物体から、衝突時に出たということだろうか。宇宙人が乗るUFOだったなら、墜落し火が出たことに気付いた宇宙人が消化作業にあたった痕跡という可能性もあるだろう。いずれにせよ、穴から燃える火はまもなく消化されたという。

 近隣住民の張さんが、中国メディア「HSW.cn」に語ったところによると、同日午後1時ごろ、彼は空から異常に大きな音を聞き、そして物体が墜落するのを見たのだそうだ。そして墜落後、物体は燃え始めたいう。村人たちが異変に気づくほど大きな音とともに墜落し、地面に大きなクレーターを作った物体は、一体どこに行ってしまったのか……。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ