ロシアの自殺グループが作った遊び「Blue Whale」で130人以上の少年少女らが死亡! 残酷なルールも判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

ロシアの自殺グループが作った遊び「Blue Whale」で130人以上の少年少女らが死亡! 残酷なルールも判明の画像3死亡直前、クジラの写真をSNSにアップロードしていた「Daily Mail」より引用

■犯人は複数、模倣犯も?


 実は昨年、8つの「自殺グループ」を運営していたと思しきフィリップ・ブデイキン(21)が逮捕されている。ブデイキンは未成年らに、最高の物事はSから始まるsemiya(家族)、Saturday、sex、suicideだと教え、「あとどれだけの退屈な日々をこうやって過ごすつもりだ?」と問いかけるなど、彼らの存在を巧妙に否定し、分かっているだけで15人に自殺するよう指示。うち10人が実際に自殺したという。ブデイキン逮捕後には、一時的に未成年の自殺者は減少したそうだ。

 しかし、今になって再び自殺者が増加した理由は定かではないという。模倣犯による犯行も考えられるが、いずれにしろ「犯人は心理学に精通しており、思春期の少年少女を巧み操っている。少女には自分が“太っている”と信じ込ませ、少年には自分が“負け犬”だと信じ込ませる。そこで、この世界とは違う世界があると教え、彼らは別世界に行くことができる選ばれた人間だと納得させる」と、ロシア紙「ノーヴァヤ・ガゼータ」が報じている。

ロシアの自殺グループが作った遊び「Blue Whale」で130人以上の少年少女らが死亡! 残酷なルールも判明の画像4フィリップ・ブデイキン「Daily Mail」より引用

 ネット上の誹謗中傷で傷つき自ら命を絶つ痛ましい事件は後を絶たないが、今回の事件はそれとは随分と毛色が違う。見ず知らずの人間が会うこともなく、言葉だけで人を操り、殺すことまでできるとは恐ろしいことで、まるで浦沢直樹のアニメ『モンスター』に出てくるヨハンそのものだ。

 まだ、ロシアと中央アジア以外での被害は報告されていないが、類似した自殺グループは世界中のSNS上にすでに存在しているかもしれない。10代のお子さんをもつ読者は気をつけておいた方が良いだろう。
(編集部)


参考:「Daily Mail」、「Balkan Insight」、ほか

コメント

2:匿名 2018年8月5日 13:39 | 返信

実際にこのゲームやってみたいなぁ。ゲームに使用されている音楽にも自殺を誘発する不思議な力があると聞いたよ。

1:匿名 2017年5月30日 13:49 | 返信

巧み操っている➞巧みに操っている

なんじゃね?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。