3機のUFOと9体のエイリアンを米軍が回収か? FBI署長が長官に送った“第2のロズウェル事件”メモ「ガイ・ホッテル文書」の謎!

 トカナではこれまでにもFBI(米連邦捜査局)が同ウェブサイトで公開している機密指定解除文書の話題を取り上げてきたが、その大量の文書の中でも100万回は閲覧されているという図抜けた注目度を誇る文書がある。最も人気とされるそのFBI文書は、なんとUFOに関するものだったのだ。


■1950年に3機のUFOが墜落、エイリアンの遺体9体を回収していた?

3機のUFOと9体のエイリアンを米軍が回収か? FBI署長が長官に送った第2のロズウェル事件メモ「ガイ・ホッテル文書」の謎!の画像1「ガイ・ホッテル」文書 「FBI」より

 昨年、FBIは機密指定を解除した大量の文書を自らのウェブサイトで公開し、現在誰でも閲覧・ダウンロードが可能になっている。文書の中にはUFOや宇宙人に関する保管書類もあり、研究家たちの間で今も発掘とレビュー作業が続けられている。

 そして現在最も閲覧されている文書は、1950年3月22日に当時FBIのワシントンD.C.オフィス署長のガイ・ホッテル氏が初代FBI長官のジョン・エドガー・フーヴァー氏に宛てて書いたメモである。文書名は筆記者の名を取って「ガイ・ホッテル」と名付けられて保管されていた。

 気になる内容は、米空軍の調査員から3機の“空飛ぶ円盤”がニューメキシコ州で回収されたという報告を受けたことを長官に伝える書簡である。

「それら(空飛ぶ円盤)は円形で中心が盛り上がっており、直径はおよそ50フィート(約15m)ある。内部にはそれぞれ身長3フィート(約91cm)ほどのヒト型生物の死体が3体あり、いずれもメタリックな質感のなめらかな素材の衣服を着用し、ジェット機のパイロットのようにコクピットに拘束されていた」(「ガイ・ホッテル」文書より)

 3機の“空飛ぶ円盤”と9体のエイリアンの死体が米空軍に回収されていたとすれば驚くばかりだ。

「これらの“空飛ぶ円盤”が(墜落して)回収されることになったのは、当日に軍がきわめて高出力のレーダーを発信していたため、円盤の制御システムに異常をきたしたからであると思われる」(「ガイ・ホッテル」文書より)

 軍の高出力レーダーの影響で操縦に支障をきたして墜落したというのは意外な感じもするが、空軍ではこれ以上の現場検証は何も行っていないことを報告してこの「ガイ・ホッテル」文書は結ばれている。

 しかしこれほどの物証がありながら、これ以上の何の調査も行っていないなどということがあるのだろうか。ホッテル氏地震も空軍の担当者にさらに詳しい情報を求めなかったことになるが……。この事件の舞台がニューメキシコ州ということもあって、世界で最も有名なUFO事件といわれている「ロズウェル事件」(1947年7月:米ニューメキシコ州ロズウェル付近)との関連も取り沙汰されてくる。ともあれ、謎が膨らむこの「ガイ・ホッテル」文書に多くの注目が集まっているのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ