【ガチ科学】消したいトラウマ記憶を“切り抜く”技術が開発される! 一生思い出すことは不可能、洗脳に悪用される可能性も=アメリカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 誰にでもある、忘れてしまいたい過去。“黒歴史”などと茶化してみても、その実、深く悩み傷ついたまま、ということは結構あるものだ。そんな思い出すのもつらい記憶を、無自覚のうちに消去する技術がアメリカで開発されたという。


■つらい記憶を消去する技術が開発される

 英紙「The Daily Mail」をはじめとする複数の海外メディアによると、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)をはじめとするアメリカの科学者チームが、脳内の酵素を研究した結果、被験者に過去の苦しい記憶を思い出させることなく、記憶により引き起こされる恐怖反応を和らげる技術を開発したと発表している。

 この酵素は酵素シンテターゼ(ACSS2)と呼ばれ、何かを思い出そうとする機能と長期記憶の形成に働きかける。この酵素を利用し嫌な記憶の部分を消し去ることで、PTSD患者やトラウマに苦しむ人の治療を目的としている。

deletememories1.JPG 「Disclose.tv」の記事より

 まるで夢のような技術で、過去に囚われ苦しんでいる人には朗報に聞こえる。しかし、最悪な記憶を消し去ることが、はたして本当に正しいことなのか疑問が残る。

 この方法で脳内記憶を消去した場合、その後一生、消した記憶を思い出すことができないからだ。人間は本質的に愚かだ。過去を振り返ることで、“最善”を選択することができる場合もあるのではないだろうか(学習能力がまったく欠如した人間もチラホラいるが)。

 たとえば、レイプされた記憶を失ってしまえば、加害者と“初対面”で出会った時、何も知らずに親しくなってしまう可能性すらある。また、他人の脳内をいとも簡単に乗っ取り、悪用しようとする輩も出てこないとは言い切れない。

コメント

4:匿名 2020年1月8日 22:08 | 返信

確かにその通りではありますが、学校で虐めた奴や、一方的に嫌がらせした奴が報いもなく卒業して一生会えなくなればその記憶は覚えている必要はあるんでしょうか?
私は小学生の時に教師に理不尽を押し付けられ続け、虐めの事が言えない状態でした。
虐めた奴や、一方的に嫌がらせした奴は教師によって即行に時効にされ、その上に教師から自分たちにとって都合がいいことだけを私に教えました。
現在は学校で虐めた奴や、一方的に嫌がらせした奴を思い出す度に顔を引き攣っています。
別なことを考えてもすぐ思い出して気分がとても悪くなり、ネガティブな想像しかしなくなり、物忘れも酷くなって、夜もなかなか眠れないし、怒り狂いたい気持ちは辛うじて抑えてる状態が毎日続いています。
そんな毎日が楽しいはずがありません。
しかし、どこにいるかも分からない虐めた奴や、一方的に嫌がらせした奴を報いを与えることも出来ませんし、報いを受けた証拠も来ることはありません。
分かるのは虐めた奴や、一方的に嫌がらせした奴が善人面してのうのうと生きていることだけ。
なら、その記憶は消すべきであると個人的に思います。
そうすれば虐めた奴や、一方的に嫌がらせした奴のことを思い出さずに済みます。
物事には二面性あると私は思っています。
最後に長文失礼しました。

3:匿名 2019年2月8日 12:14 | 返信

虐めや虐待による
恐怖症を克服できそうですね。

私は、これを飲みたいです。

精神薬漬けにして麻薬中毒のようにするのではなく、
これを精神科で処方した方が良いのでは。

2:匿名 2017年6月27日 09:33 | 返信

上級にとっては有用な研究だから失われることはないだろうな

1:匿名 2017年6月27日 02:44 | 返信

余程のトラウマで精神を病んでいない限り、記憶を人為的に抹消するのは倫理的にどうだろう?
その人にとっては辛い記憶でも、将来の幸せを掴むヒントが有るかもしれないし、消してしまった記憶の中に人助けにつながる出来事があったけど、記憶は元に戻らなくて、だれも救えなかったりとかね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。