20日の大分震度5強は「南海トラフ巨大地震」の前兆か!? データ&予言多数、2年以内にM9発生でオリンピックも中止!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

ymgnd_3.jpgM9.1の最大規模の南海トラフ巨大地震の想定震源域 画像は「宮崎日日新聞」より引用

【「南海トラフ巨大地震」が続いた実例多数】

 豊後水道で中規模以上の地震が発生することは、極めて珍しい。どのくらい稀かというと、M5クラスの地震が起きたのは2001年4月以来、実に16年ぶりのことだった。では、豊後水道付近で起きた地震が、巷で囁かれているように南海トラフ地震とシンクロすることが本当にあり得るのだろうか? 実は、そのことを安易に否定できない経緯がある。

 1946年8月20日、豊後水道でM5.9の地震が発生した。すると、その4カ月後となる同年12月21日、昭和南海地震(M8.0)が発生した。また、1854年12月23日に安政東海地震(M8.4)、同24日に安政南海地震(M8.4)が連続発生した際には、その2日後となる26日に豊後水道付近を震源とする豊予海峡地震(M7.4)が起きていた。このように、豊後水道付近で大きな地震が起きる時には、それと連動するように南海トラフ地震が発生しているケースが見られるのだ。


【危険が近づいていることは予知夢でも……】

 それだけではない。予言という観点からも、いま大分県周辺は要注意なのだ。今年3月の記事でも紹介した東京在住の主婦、スズ氏は過去に地震をはじめとする数多くの災害の予知夢を見ており、それが現実の事態となってきた。そのスズ氏が、5月26日に見た夢を自身の「災害の夢ブログ」に記しているのだが、「夢の中で九州の地図が広がり、大分県南西あたりに、M9と書かれており、九州全域と四国などにM7と書かれて」(災害の夢ブログ、2017年5月27日)いたという。つまり、大分県南西部の内陸でM9、そして九州全域と四国が揺れるM7の地震が2回起きるというのだ。さらに、起こる時期について「2年以内、何故かその様な気が致します」とも述べている。

 M9.0の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の発生からまだ6年あまりだというのに、再びM9の巨大地震が日本を襲うとしたら、甚大な被害によって2020年の東京オリンピックどころではなくなってしまうだろう。

コメント

5:匿名 2017年7月6日 12:04 | 返信

近々トカナは「九州の水害は予言されていた」という記事を載せるだろう。
↑私の予言。

4:匿名 2017年6月26日 23:48 | 返信

だって 松原のおばさん嘘ばっかりじゃん?

3:匿名 2017年6月26日 10:04 | 返信

記事が適当すぎる(笑)

2:匿名 2017年6月25日 15:00 | 返信

M5クラスの地震が日本の領土領海で、月間にどれ程の頻度で発生しているのか、百瀬は知らない。

1:匿名 2017年6月23日 22:09 | 返信

プゲラw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。