AIに「人の顔」を描かせたら超絶ホラーな絵が完成! “人工知能が見ている世界”が悪夢だったことが判明!

 少し前にAI(人工知能)が執筆した小説が文学賞の一次選考を通過して話題になったが、AIが描く絵画のほうもなかなか凄いことになっているようだ。


■AIによるキモくて恐い人物像

 オランダ公共放送(NPO)のRadio 1が開発し、先ごろ公開したオンライン神経ネットワークの「Pix2Pix」は、人の顔の簡単なスケッチ画を入力すると、そのスケッチを元にリアルな人間の顔に仕上げてくれる画像作成AIだ。そしてこのAIが描くこの絵がなかなかホラーだと話題になっている。

fotogenerator1.JPGDaily Mail」の記事より

 絵心のある人によってある程度細部も描かれたスケッチであれば、確かにリアリティのある写真のような人物の顔に仕上げてくれるのだが、“へのへのもへじ”ふうの大雑把なスケッチを入力してしまうと、なんともホラーでキモくて、恐ろしくもある顔が出現するのだ。

 このPix2Pixの作画能力は、GAN(Generative Adversarial Network)という技術からもたらされている。GANは本来、問題解決を図るために開発され、検知した画像がどの程度本物に近いのかを判断し、もし本物とかけ離れていた場合には修正を施して本物に近づけていく作業を行うアルゴリズムである。

fotogenerator2.JPGPix2Pix」より

 従って適当に入力した“へのへのもへじ”のような線画でも、それに忠実に肉付けを施してリアルな顔に再現しようとするために、あり得ない顔でありながらどこかしらリアリティがあり、その分キモくてホラーな顔が作成されるのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ