「今年の9月23日人類滅亡」ほぼ確定へ! ピラミッド、聖書、皆既日食など根拠多数、2024年8月8日まで終末状態が続く!

 先日のトカナの記事でもお伝えしたように、最新の終末予測ではこの世の終わりが始まる具体的な日付が9月23日と設定されている。そして不気味なことにこの説をサポートする理論が相次いで報告されているという。なんと、ギザの大ピラミッドもまたこの世界の終わりが9月23日であることを示しているというのである。


■大ピラミッドが終末の日を表示していた!

 プラネットX、またの名をニビルと呼ばれる謎の惑星が2017年に地球に向かい衝突することを指摘した著書『Planet X – The 2017 Arrival』を昨年2月出版した聖書研究家で天体観測家のデイビッド・ミード氏が、先ごろ、この世の終わりとなる「最後の審判」の日が9月23日から始まると発言し世の注目を集めている。

 ミード氏は今月21日にアメリカで起きる「グレート・アメリカン・エクリプス」と呼ばれる大陸を横断する大スケールの皆既日食が終末の日の始まりを告げる前奏曲になるとしている。そしてこれがニビルの地球衝突への引き金になるというのだ。

「今年の9月23日人類滅亡」ほぼ確定へ! ピラミッド、聖書、皆既日食など根拠多数、2024年8月8日まで終末状態が続く!の画像1 「Daily Star」の記事より

 具体的な日付が提示されたことで、多くの注目を集めることになったミード氏の終末予測だが、意外にもこの説を強力にバックアップする理論がほかにも少なくないのだ。はたして単なる偶然の一致なのか? そして、その中でも最も無視できないのが、エジプト・ギザの大ピラミッドが示しているという“終末の日”だ。5000年前に建設されたピラミッドが終末の日を表示しているとはいったいどういうことなのだろうか。


■大ピラミッド内部の2つの通路が指す天体とは?

今回の皆既日食は、史上初『ヨハネの黙示録』第12章に描写されている天に現れた“大いなるしるし”(前記事参照)とギザの大ピラミッドの両方が、2017年9月20日から23日にかけての正確な瞬間を共に指し示していることはとても興味深いことです」とミード氏は英紙「Daily Star」の取材に答えている。

「これは教会時代(Church Age)の終わりの到来を告げ、“最後の審判”への移行を示すものなのでしょうか? イエスが派遣する“二人の証人”は存在しないのでしょうか?」(デイビッド・ミード氏)

「今年の9月23日人類滅亡」ほぼ確定へ! ピラミッド、聖書、皆既日食など根拠多数、2024年8月8日まで終末状態が続く!の画像2 画像は「Wikipedia」より

 そもそもピラミッドはその建築手法をはじめまだまだ謎が多い建築物だが、ミード氏はギザの大ピラミッド内部の2つの通路に着目している。それは下降通路(Descending Passage)と上昇通路(Ascending Passage)である。そしてこの2つの通路が9月20日以降に、きわめて正確に、ある天体を指し示すというのだ。

 ミード氏によれば、下降通路が指し示している天体はしし座で最も明るいレグルス(しし座α星)であり、上昇通路が指し示しているのは木星であるという。木星は聖書的な意味では“救世主(メシア)”を表している。そしてこの2つの天体が指し示される時こそがこの世の終末の到来を意味しているというのだ。ミード氏の解釈が正しいとすれば、この大ピラミッドは5000年前から世界の終わりの日を知っていたことになる。とすれば、ピラミッドは後世の人間にこの日を教えるために今まで存在し続けていたのだろうか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ